ギターの弾き方

ギターのチョークアップ・チョークダウンのやり方と練習フレーズ

みなさんはギターの演奏方法の一つであるチョークアップ・チョークダウンはご存じでしょうか?

ギター初心者で「そんな演奏方法聞いたことがない」という場合は、チョークアップ・チョークダウンは難しい印象を持たれている方も多いですが、やり方さえわかればそんなに難しいことはありません。

今回は、ギターのチョークアップ・チョークダウンのやり方やコツ、練習フレーズなどを解説していき、チョークアップ・チョークダウンが上手くできない時に陥りがちな症状や注意点をまとめました。

ギターのチョークアップ・チョークダウンとは

ギターのチョークアップ・チョークダウンとは
ギターのチョーキングにはチョーキングアップ(チョークアップ)とチョーキングダウン(チョークダウン)という音楽用語があります。

チョークアップとは、「音程を上げる過程の音は入れず、チョーキングした状態(音程が上がった状態)で音を出す」という意味でチョーキングアップとも呼ばれています。

また、チョークダウンとは、「チョークアップした音を元の音程に戻して、音程を下げる」という意味でチョーキングダウンとも呼ばれています。

ギターの奏法の中でも、上級者を目指す中級者以上の方が覚える高度な奏法テクニックでもあります。

ギターのチョークアップ・チョークダウンの左手のやり方

ギターのチョークアップ・チョークダウンの左手のやり方
ギターのチョークアップ・チョークダウンの左手のやり方について、いくつかコツをご紹介します。

ギターのチョークアップの左手のやり方

ギターのチョークアップの左手のやり方
通常のチョーキングは「ピッキングしてからチョーキング」という順序になりますが、チョークアップの場合は「チョーキングしてからピッキング」という順序になります。

そのため、目的の音程まで耳で聞きながら調整することができないので、チョーキングしたときの正しいピッチを左手の指の感覚だけで行う必要があります。

チョークアップのやり方は正しいチョーキングフォームが重要

ポイントとしては、基本的なチョーキングのやり方で解説していますが、人差し指の軸がネックに対して垂直を保ったまま、手の甲をすぼめるようにして薬指で押弦し、中指と人差し指は薬指に添えるように構えます。

この正しいチョーキングフォームを維持したまま、ドアノブを回すように手首を回転させて弦を持ち上げると、左手の指に入れる力の入れ具合が安定するので、指の感覚だけでピッチをとらえやすくなります。

ただ、最初は正しいピッチにすることでさえ難しいので、何度も繰り返して練習する必要があります。

ギターのチョークダウンの左手のやり方

この正しいチョーキングフォームを維持したまま、ドアノブを回すように手首を回転させて弦を持ち上げた状態

チョークダウンについては、チョーキングで音程をもとに戻す動作と同様です。

ギターのチョークダウンは弦を持ち上げている状態から弦が戻ろうとする力を利用して、自然と弦をもとに戻す

弦には張力(テンション)がありますので、弦を持ち上げている状態から弦が戻ろうとする力を利用して、自然と弦をもとに戻すということを意識すればうまくいきやすいです。

また、「タイミングや速さや強さなどを微妙にコントロール」することでエモーショナルな「泣きのギター」らしい表現力を演奏することができます。

そのため、ただ音程を元に戻すのではなく、チョークダウンする速さやタイミングを意識することが重要です。

ギターのチョークアップ・チョークダウンの練習フレーズ

ギターのチョークアップ・チョークダウンの練習フレーズ

ギターのチョークアップ・チョークダウンの練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

楽譜やTAB譜(タブ譜)上でチョーキングは「cho.」という記号で表記されており、チョークアップは「U」、チョークダウンは「C.D」で表記されています。

また、チョーキングの効果的な練習法としては、音痴なチョーキングにならないように「チューナー」で正確な音程を確認しながら練習するのがおすすめです。

練習フレーズ1:チョークアップ・チョークダウンの基本動作

練習フレーズ1:チョークアップ・チョークダウンの基本動作

まずは基本的なチョークアップ・チョークダウンの基本動作をマスターするための練習フレーズです。

それぞれのチョークアップは1音を上げるようになっていますので、しっかりとチョーキングのフォームを身に着け正しいピッチになるように意識しましょう。

最初はチューナーを使って正しいピッチになっているかを確認しましょう。

練習フレーズ2:チョークアップ・チョークダウンを盛り込んだギターソロ

練習フレーズ2:チョークアップ・チョークダウンを盛り込んだギターソロ

次にギターソロにチョークアップを盛り込んだフレーズです。

このような音の組み合わせは同じで上がっていくパターンはたくさんありますので、1小節ごとにボックスポジションを移動していっても、チョークアップで正しい音程になるように練習しましょう。

ギターのチョークアップ・チョークダウンが上手くできないときに見直すポイント

ギターのチョークアップ・チョークダウンが上手くできないときに見直すポイント
ギターのチョークアップ・チョークダウンが上手くできない時に見直すポイントをいくつかまとめました。

チョークアップで正しいピッチにならない

チョークアップで正しいピッチにならない
チョークアップで正しいピッチにならない場合は、普段のチョーキングの感覚がまだまだ身についていない状態です。

いきなり正しいピッチに合わせることは難しいので、チューナーを使って正しいピッチまでチョークアップできているかを毎回確認することから始めるのがおすすめです。

チューナーはなんでも大丈夫ですが、クリップ型のチューナーが確認しやすいのでおすすめです。

まとめ

ギターのチョークアップ・チョークダウンのやり方についてを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

これらをマスターするとチョーキングを使ったフレーズの幅が広がるだけでなく、「泣きのギター」などギターでの表現力が身に付きます。

ギターの奏法の中でも、上級者を目指す中級者以上の方が覚える高度な奏法テクニックでもありますが、この機会にぜひチョークアップ・チョークダウンを習得してください。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site