ギターの弾き方

ギターのジャックオフビブラートのやり方と練習フレーズ

ギターの専門用語として聞いたことはあるけど、ジャックオフビブラートがどんなビブラートなのか演奏方法がよくわからない方も多いんじゃないでしょうか。

実はジャックオフビブラートは様々な名曲のギターやベースのフレーズにアクセントとして使われており、やり方さえわかればそんなに難しいことはありません。

今回は、ギターのジャックオフビブラートのやり方やコツ、練習フレーズなどを解説していき、ジャックオフビブラートが上手くできない時に陥りがちな症状や注意点をまとめました。

ギターのジャックオフビブラートとは

ギターのジャックオフビブラートとは
ギターのジャックオフビブラートとは、任意のフレットを中心に素早くスライドアップとスライドダウンを高速で繰り返すことによりビブラートの効果を得る演奏方法です。

スライドは押弦した指を滑らせることによって、始点と終点の音を途切れさせずに滑らかに音程を変えていくテクニックですが、そのスライドというテクニックの応用技になります。

また、単音だけでなくコードなど2音以上の和音で繰り出されている場合もあります。

あわせて読みたい

ギターのジャックオフビブラートの左手のやり方

ギターのジャックオフビブラートの左手のやり方
ギターのジャックオフビブラートの左手のやり方について、いくつかコツをご紹介します。

左手の動かし方はスライドと同様

左手の動かし方はスライドと同様
ジャックオフビブラートは、スライドアップとスライドダウンを高速に繰り返すテクニックのため、基本的な左手の動かし方はスライドと同様です。

そのため、押弦時の指の力加減を維持しながら左手のフォームを崩さず、不要な弦を余弦ミュートしながらスライドさせることがコツです。

あわせて読みたい

親指をネックに沿わせる

親指をネックに沿わせる
次にジャックオフビブラートはスライドアップとスライドダウンを高速に繰り返すため、スライドのスピードが求められます。

スライドはある程度のスピードと安定性が必要なため、親指の位置はフレーズによって固定と移動を使い分けるのコツでしたが、スピードを求めるジャックオフビブラートは親指をネックに沿わせるのがコツです。

親指をネックに沿わせることで高速でスライドさせても安定させることができ、親指を固定していないからこそ高速でスライドさせることができます。

ギターのジャックオフビブラートの練習フレーズ

ギターのジャックオフビブラートの練習フレーズ

ギターのジャックオフビブラートの練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

楽譜やTAB譜(タブ譜)上でスライドは「S」、グリッサンドは「gliss.」という記号で表記されていますが、ジャックオフビブラートは譜面上で記号など記されていないことが多いです。

そのため、オリジナルの音源もしっかりと聴いたうえで、ニュアンスなどは耳でもしっかりと聴きましょう。

練習フレーズ1:ジャックオフビブラートの基本動作

練習フレーズ1:ジャックオフビブラートの基本動作

まずジャックオフビブラートの基本動作をマスターするための練習フレーズです。

スライドアップとスライドダウンを繰り返すだけですが、人差し指、中指、薬指など、どの指でも安定してスライドをさせられるようにしましょう。

最初は遅めのゆっくりとしたテンポから徐々にテンポを上げていけば、高速スライドが可能になり、ジャックオフビブラートの基本的動作をマスターすることができます。

練習フレーズ2:ジャックオフビブラートを盛り込んだギターソロ

練習フレーズ2:ジャックオフビブラートを盛り込んだギターソロ

次に実際にジャックオフビブラートを盛り込んだギターソロです。

今回は実際にジャックオフビブラートを体感していただきたいため、16分音符でスライドのスピードを指定しています。

スライドのスピードが間に合わない場合は、最初はゆっくりなテンポから始めましょう。

ギターのジャックオフビブラートが上手くできないときに見直すポイント

ギターのジャックオフビブラートが上手くできないときに見直すポイント
ギターのジャックオフビブラートが上手くできない時に見直すポイントをいくつかご紹介します。

ジャックオフビブラートが高速でできない

ジャックオフビブラートが高速でできない
ジャックオフビブラートが高速でできない場合は、スライドのやり方を見直すのがポイントです。

例えば、通常のスライドであれば安定性を高めるために親指を固定してスライドさせる方法もありますが、親指を固定している場合は当然ですがスピードは出しづらくなります。

高速でスライドさせる場合は親指をネックに沿わせるフォームにするとスライドのスピードを上げることができる

高速でスライドさせる場合は親指をネックに沿わせるフォームにするとスライドのスピードを上げることができます。

あわせて読みたい

ジャックオフビブラートで弦が指に引っかかる

ジャックオフビブラートで弦が指に引っかかる

ジャックオフビブラートで弦が指に引っかかる場合は、弦の滑りが悪かったり、弦が錆びている場合が考えられます。

弦が錆びる前に弦交換をする必要がありますが、代わりに錆びにくいコーティング弦を使用するか、フィンガーイーズという指板潤滑剤を弦に吹きかけることで指の滑りが良くするなどがおすすめです。

まとめ

ギターのジャックオフビブラートのやり方についてを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

スライドの応用技ですが、ビブラートのやり方の種類を知ることで、フレーズを作るときにもう一つアクセントを盛り込みたいときもかなり使えます。

また、ジャックオフビブラートを盛り込んでいるギターフレーズはまだまだ少ないように感じますので、耳にも残りやすいのではないでしょうか。

この機会にぜひジャックオフビブラートを習得してください。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site