ギターの弾き方

ギターのアウトサイドピッキングのやり方と練習フレーズ

ギターのアウトサイドピッキングはオルタネイトピッキングで複数の弦を外側から弾くというピッキングです。

弦移動が伴うフレーズでアウトサイドピッキングが出てくる場合も多く、苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。

今回はアウトサイドピッキングのやり方やコツ、練習フレーズなどを解説していき、アウトサイドピッキングがうまくできない時に陥りやすい症状などの注意点をまとめました。

ギターのアウトサイドピッキングとは

ギターのアウトサイドピッキングとは
ギターのアウトサイドピッキングとは、2本の弦の外側をピッキングする弾き方です。

複数の弦を弾くときに上の弦をダウンピッキング、下の弦をアップピッキングする動作が、弦の外側を包み込むようにピックが移動することからアウトサイドピッキングと呼ばれるようになりました。

アウトサイドピッキングのメリットは、弦の外側からピッキングするので広いスペースを自由に使用することができるので、ピッキングの幅に制限がないことです。

反対に、2本の弦の内側からピッキングする演奏方法をインサイドピッキングと言います。

あわせて読みたい

ギターのアウトサイドピッキングの右手のやり方

ギターのアウトサイドピッキングの右手のやり方
ギターのアウトサイドピッキングの右手のやり方のコツは大きく3つあります。

弦と弦の距離感を掴む

弦と弦の距離感を掴む
アウトサイドピッキングは弦と弦の距離感を掴むのがコツです。

まずは大きめにアウトサイドピッキングをして確実に弦にヒットさせることを意識しながら、徐々にピッキングをコンパクトにしていくことで、弦と弦を最短距離でピッキングすることができるようになります。

最終的には右手を凝視しなくてもピッキングすることができます。

軌道を意識して少し大きめにピッキングする

軌道を意識して少し大きめにピッキングする

アウトサイドピッキングでは外側からピッキングを行うので、軌道を意識して少し大きめにピッキングするのがコツです。

アウトサイドピッキングの軌道は、普通にピッキングすると自然と下に行くので、そのまま自然に振り上げでアップピッキングする形になります。

狙った弦だけをしっかりとピッキングし、他の弦はしっかりと空振りすることができるようにピッキングの軌道を意識しましょう。

余弦ミュートをする

右手で余弦ミュートをする
アウトサイドピッキングは弦移動を伴うので、余弦ミュートが大事になってきます。

余弦ミュートがしっかりできていない場合は、弾くべきではない他の弦にピックが触れてしまったときにノイズが出てしまいます。

そのため、右手は低音弦側を右手の手刀部分でミュートしておき、高音弦側は左手の指の腹で触れてミュートしておきます。

また、左手は弦を弾いた後は押弦している指を離してミュートするようにしましょう。

ギターのアウトサイドピッキングの練習フレーズ

ギターのアウトサイドピッキングの練習フレーズ

ギターのアウトサイドピッキングの練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

それぞれオルタネイトピッキングで弾いていきますが、弦移動が発生したときにアウトサイドピッキングになっているフレーズです。

アウトサイドピッキングはアップピッキングが弱くなりがちなので、ダウンピッキングとアップピッキングの音量差がないように意識しながら練習しましょう。

練習フレーズ1:2弦と3弦で弾くアウトサイドピッキング

練習フレーズ1:2弦と3弦で弾くアウトサイドピッキング

まずは2弦と3弦で弾くアウトサイドピッキングの練習フレーズです。

コード進行はよくある「D→E→F#m→F#m」ですが、コードのルート音と3度の音を中心に3度の音が変わっていく非常にエモーショナルなフレーズです。

ずっとアウトサイドピッキングが続きますので、まずは基本的なピッキングになれていきましょう。

練習フレーズ2:1弦と2弦で弾くアウトサイドピッキング

1弦と2弦で弾くアウトサイドピッキング

次に1弦と2弦で弾くアウトサイドピッキングの連取フレーズです。

先ほどの連取フレーズとはピッキングパターンがことなるものですが、弦移動を行う場合はアウトサイドピッキングになっています。

目的の弦以外にピックが触れてしまう場合が多いので、ノイズが鳴らないように余弦ミュートをしましょう。

ギターのアウトサイドピッキングがうまくできない時に見直すポイント

ギターのアウトサイドピッキングがうまくできない時に見直すポイント

ギターのアウトサイドピッキングが上手くできない時に陥りがちなポイントをいくつかまとめました。

アウトサイドピッキングでピックが弦に引っかかる

アウトサイドピッキングでピックが弦に引っかかる

アウトサイドピッキングでピックが弦に引っかかる場合は、「ピックが深すぎる」「ピックの角度が悪い」などが考えられます。

ピックの深さは使用しているピックによって個人差がありますが、深くなりすぎていないか見直す必要があります。

また、ピックの角度が極端に角度をつけすぎると切り替わりの時に無駄な力が加わってしまうので、ピックは弦に対して水平な角度で触れているのが理想的です。

まとめ

ギターのアウトサイドピッキングについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

アウトサイドピッキングが弾けるようになると、スムーズなオルタネイトピッキングが可能になり、弦移動が多いフレーズも対応することができます。

ギターの演奏の幅を広げることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site