ギターの弾き方

ギターのFコードの押さえ方|初心者が挫折しないためのコツと練習方法

ギター初心者で挫折してしまうことが多いのが「Fコードが弾けない」ことではないでしょうか。

何日も弾けない状態がつづき、難しいと感じている方も多いかとは思いますが、Fコードの練習のやり方を知ることで確実に弾けるようになります。

そのため、今回はFコードの弾き方や練習方法、手が小さい人でも押さえられる省略コードを解説していきます。

ギターのFコードの構成音

ギターのFコードの構成音

Fコードの構成音は「F(ファ)・A(ラ)・C(ド)」の3つの音で作られています。

ギターでFコードを鳴らした場合の1弦~6弦の音は、それぞれ下記のようになります。

Fコードの構成音

  • 1弦:F(ファ)
  • 2弦:C(ド)
  • 3弦:A(ラ)
  • 4弦:F(ファ)
  • 5弦:C(ド)
  • 6弦:F(ファ)

また、Fコードの構成音の度数の関係性は下記のようになります。

ポイント

  • 1度:F(ファ)⇒R(ルート音)
  • 3度:A(ラ)
  • 5度:C(ド)

ギターのFコードの押さえ方

ギターのFコードの押さえ方

ギターのFコードの押さえ方を解説していきます。

まず、「人差し指で1弦から6弦全ての1フレット」を押さえ、「中指で3弦の2フレット」「薬指で4弦の3フレット」「小指で5弦の3フレット」を押さえます。

Fコードの各弦の押さえ方は下記になります。

各弦の押さえ方

  • 1弦:1フレットを人差し指
  • 2弦:1フレットを人差し指
  • 3弦:2フレットを中指
  • 4弦:3フレットを小指
  • 5弦:3フレットを薬指
  • 6弦:1フレットを人差し指

また、Fコードの各指の押さえ方は下記になります。

各指の押さえ方

  • 人差し指:1弦から6弦全ての1フレットを押さえる
  • 中指:3弦の2フレットを押さえる
  • 薬指:5弦の3フレットを押さえる
  • 小指:4弦の3フレットを押さえる

ギターのFコードの押さえ方のコツ

ギターのFコードの押さえ方のコツ

ギターのFコードの押さえ方のコツを解説していきます。

人差し指の側面を使う

Fコードのコツは人差し指の側面を使う

バレーコード(セーハコード)全般に言えますが、Fコードを押さえる時に1弦から6弦まで1フレットを人差し指押さえる時に、人差し指の側面部分を使って押さえるのが基本です。

また、指を真っすぐ伸ばすのではなく、指を少しアーチ状に曲げるようにすると押弦しやすくなります。

人差し指の側面を使った場合の弦が触れている位置

上記の画像を見てもらえればわかりますが、「人差し指の指の腹」ではなく「人差し指の側面部分」に弦の跡がついていることがわかります。

人差し指の腹を使ってしまうと「第一関節」と「第二関節」に弦がハマってしまい、うまく弦を押さえきることが難しくなってしまいます。

親指の位置を確認する

ギターのバレーコード(セーハコード)の押さえ方は親指の位置を確認する

Fコードを押さえる時はネックを握り込まないクラシックフォームが基本です。

親指の位置によって人差し指の押さえやすさが変わりますので、親指の位置を少しずつ変えて、うまく人差し指の力が入る場所を探していきます。

Fコードの親指の位置の探し方は本を逆さにつかんでみる

親指の位置がわからない場合は、上記のように本を逆さに持ち、人差し指と親指であまり力を入れずに本を挟める位置を探します。

本を挟んだまま手首をひっくり返す

本を人差し指と親指で挟んだまま本をひっくり返してみると、ギターを持っている手の形になり、この指の形が一番指の力が入りやすく、自然なフォームになります。

手の甲をしっかりと返す

ギターのFコードの押さえ方は手の甲をしっかりと返す
Fコードを押さえる時はクラシックフォームになります。

そのため、親指をネックの裏側(ネックの真ん中辺りもしくは少し上)に親指を添えるようするには、正面からみて手の甲を見せるように意識をすることです。

ヒジの位置にも注目をすることが大切で、脇を締めすぎたり、脇を開けすぎたりしていると、左手首が窮屈になったり、指に力が入りづらかったりして、押さえづらくなります。

肩・腕・肘・手首まで全体的にリラックスした状態になるように、肘の位置を確認しましょう。

押さえる時は鳴らす弦に集中する

ギターのバレーコード(セーハコード)を押さえる時は鳴らす弦に集中する
人差し指で全弦を押さえるバレーコードですが、人差し指で押さえている弦の中でも、鳴らす弦に集中することが大切です。

例えば、Fコードでは、人差し指で押さえて鳴らすのは1・2・6弦のみなので、中指・薬指・小指で押弦して鳴らす3弦・4弦・5弦は気にせず、人差し指は1・2・6弦に集中します。

ギターのFコードを省略した押さえ方

ギターのFコードを省略した押さえ方

Fコードの構成音は「F(ファ)・A(ラ)・C(ド)」の3つの音で作られていますので、最低限3つの音が鳴れば問題ありません。

特に「手が小さい」人で「届かない」という人は無理にセーハで押さえる必要はなく、代わりに親指を使った簡易な押さえ方もあります。

Fコードを省略した各弦の押さえ方は下記になります。

各弦の押さえ方

  • 1弦:1フレットを人差し指
  • 2弦:1フレットを人差し指
  • 3弦:2フレットを中指
  • 4弦:3フレットを薬指
  • 5弦:親指でミュート
  • 6弦:1フレットを人差し指

また、Fコードを省略した各指の押さえ方は下記になります。

各指の押さえ方

  • 人差し指:1弦と2弦の1フレットを押さえる
  • 中指:3弦の2フレットを押さえる
  • 薬指:4弦の3フレットを押さえる
  • 小指:使わない
  • 親指:6弦の1フレットを押さえる

ギターのFコードの押さえ方の練習

ギターのFコードの押さえ方の練習

Fコードの押さえ方がわかってきたら、Fコードの押さえ方の練習をしていきます。

一朝一夕でFコードを弾けるようになることは難しいですが、地道に練習していくことで必ず弾けるようになります。

Fコードを指を一つずつ押さえていく

Fコードを人差し指で押さえる

確実に弾けるようになるために、指を一つ押さえていきます。

まずは、人差し指で1弦から6弦までの1フレットを押さえて、1弦から6弦までアルペジオで1弦ずつ弾いていき、音が鳴らない弦がないかを確認していきます。

1弦から6弦の音がきれいに鳴るようになったら、次のステップです。

Fコードを人差し指と中指で押さえる

次に3弦の2フレットを中指で押さえます。

同様に、1弦から6弦までアルペジオで1弦ずつ弾いていき、音が鳴らない弦がないかを確認していき、1弦から6弦の音がきれいに鳴るようになったら、次のステップです。

Fコードを人差し指と中指と薬指で押さえる

次に5弦の3フレットを薬指で押さえます。

同様に、1弦から6弦までアルペジオで1弦ずつ弾いていき、1弦から6弦の音がきれいに鳴るようになったら、次のステップです。

Fコードを人差し指と中指と薬指と小指で押さえる

最後に4弦の3フレットを小指で押さえます。

同様に、1弦から6弦までアルペジオで1弦ずつ弾いていき、1弦から6弦の音がきれいに鳴るようになったら、Fコードをしっかりと押さえられるようになっています。

Fコードの指の形を体に覚えさせる

Fコードの指の形を体に覚えさせる

Fコードをすぐに抑えられるように指の形を体に覚えさせる練習です。

この練習をすることでコードチェンジをするときもFコードをすぐに押さえることができるようになります。

ギギターのネックから指を離す

まずはギターのネックから指を離します。

次にFコードを「パッ」と押さえるだけです。

慣れてきたらメトロノームに合わせて、拍の頭でFコードを押さえる練習をしていきます。

最初はFコードを押さえるのに時間がかかるかもしれませんが、地道に練習することでFコードをすぐに押さえられるようになり、素早いコードチェンジもできるようになっていきます。

まとめ

ギターのFコードの押さえ方についてを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

Fコードは初心者の最初の大きな壁でもあると思いますが、一朝一夕で弾けるようにはならずとも、地道に練習することで必ず弾けるようになります。

もちろん、Fコードを使わない簡単な曲などもありますが、Fコードを弾けるなることでたくさんの楽曲を弾くことができます。

焦らず地道に弾けるコードを増やしていきましょう。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site