ギターの弾き方

ギターのチョーキングビブラートのやり方と練習フレーズ

ギターの基本テクニックであるチョーキングで行うチョーキングビブラートは、まるでボーカルのようにギターで歌っているかのようで心地よいですよね。

特にエレキギターの泣きのギターソロを表現するにはチョーキングビブラートは必要不可欠といっても過言ではないです。

ギター初心者でトチョーキングビブラートは難しい印象を持たれている方も多いですが、やり方さえわかればそんなに難しいことはありません。

今回はチョーキングビブラートのやり方やコツ、練習フレーズなどを解説していき、チョーキングビブラートがうまくできない時に陥りやすい症状などの注意点をまとめました。

ギターのチョーキングビブラートとは

ギターのチョーキングビブラートとは
ギターのチョーキングビブラートとは、チョーキングして音の高さを上げ、さらにビブラートという音程を変化させて音を揺らすテクニックを組み合わせた演奏方法です。

似たような言葉で「トレモロ」という音楽用語がありますが、基本的に「トレモロ」が音量を上下させるのに対して、「ビブラート」は音程を上下させるという意味です。

(ただし、トレモロが音程変化の意味で使われる場合もあります。)

チョーキングビブラートでは、チョークアップとチョークダウンを繰り返すことで音程を変化させ、音の高さを揺らします。

ギターのチョーキングビブラートの左手のやり方

ギターのチョーキングビブラートの左手のやり方
ギターのチョーキングの左手のやり方について、いくつかコツをご紹介します。

音の高さを揺らすのはチョークアップとチョークダウンを繰り返す

基本的なチョーキングのやり方

チョーキングで音の高さをビブラートで揺らす場合は、チョークアップとチョークダウンを繰り返します。

左手は基本的なチョーキングフォームと変わらず、人差し指の軸がネックに対して垂直を保ったまま、手の甲をすぼめるようにして薬指で押弦し、中指と人差し指は薬指に添えるように構えます。

チョークアップ

正しいチョーキングのフォームを維持したまま、ドアノブを回すように手首を回転させて弦を持ち上げチョークアップします。

チョークダウン

チョークアップで持ち上げた音程を、弦の張力(テンション)を利用して自然にチョークダウンさせます。

チョーキングビブラートはこのチョークアップとチョークダウンの動きを細かく連続させて音の高さを揺らします。

音の高さを揺らすピッチ幅を意識する

ビブラートの音の高さを揺らす音程幅の基本

通常のビブラートは「正しいピッチを基準に音程を上下」させます。

ギターでチョーキングビブラートを行う場合も同様で、チョーキングで音の高さを揺らすビブラートの音の基準を意識するのがコツです。

チョーキングビブラートの音の高さを揺らす音程幅の基本

ただ、ギターのチョーキングビブラートでは、上記の画像のように「目的の音をピッチの上限にして音の高さを揺らす」ことが基本になります。

そのため、チョークダウンで音の高さを完全に元に戻すのではなく、揺らしたい音の高さの音程幅だけチョークダウンさせます。

とはいえ、チョーキングビブラートのニュアンスはギタリストによってさまざまで、通常のビブラートのように「チョーキングで音程を上げる目的の音の高さを基準に音程を上下」させても良いです。

ギターのチョーキングビブラートの練習フレーズ

ギターのチョーキングビブラートの練習フレーズ

ギターのチョーキングビブラートの練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

楽譜やTAB譜(タブ譜)上でチョーキングは「cho.」という記号で表記されていますが、チョーキングビブラートは音を伸ばしている音符に「~~~」という記号で表記されています。

練習フレーズ1:基本的なチョーキングのチョークアップとチョークダウン

練習フレーズ1:基本的なチョーキングのチョークアップとチョークダウン

まずは基本的なチョーキングのチョークアップとチョークダウンの動作をマスターするための練習フレーズです。

チョークアップでしっかりと1音チョーキングで音程を上げ、チョークダウンで完全に元の音程に戻るように弾きましょう。

また、練習フレーズ1の動作になれてきたら、徐々に音程幅をコントロールできるように、1音チョーキングの後に「半音だけ音の高さを揺らす」や「1/4だけ音の高さを揺らす」など試していきましょう

練習フレーズ2:チョーキングビブラートを組み合わせてメロディーを弾く

練習フレーズ2:チョーキングビブラートを組み合わせてメロディーを弾く

次にチョーキングビブラートを組み合わせてメロディーを弾く練習フレーズです。

「カントリー・ロード(Country Road)」のメロディーをチョーキングを多用して弾くフレーズですが、音を伸ばす箇所ではチョーキングビブラートでしっかりと音の高さを揺らしましょう。

また、余裕がでてきたらチョーキングビブラートで「細かく素早いチョーキングビブラート」や「揺らす音程幅が大きいワイルドなチョーキングビブラート」なども試しましょう。

ビブラートで音の高さを揺らすニュアンスによって与える印象は大きく異なるため、いかに心地よく聞こえるか、ギターで歌えているかを意識して弾くのがコツです。

ギターのチョーキングビブラートが上手くできないときに見直すポイント

ギターのチョーキングビブラートが上手くできないときに見直すポイント
ギターのチョーキングビブラートが上手くできない時に見直すポイントをいくつかまとめました。

チョーキングビブラートで指が痛い

チョーキングビブラートで指が痛い
チョーキングビブラートで指が痛い場合は、そもそもチョーキングで弦を持ちあげるときに「指で弦を持ち上げている」ことが原因になっていることが多いです。

上記の画像のように指の力だけで弦を持ち上げようとすると、当然かなりの指の力が必要になって指への負荷も大きくなるので、指が痛いと感じるわけです。

正しいチョーキングフォーム

正しいチョーキングフォームは人差し指の軸がネックに対して垂直を保ったまま、手の甲をすぼめるようにして薬指で押弦し、中指と人差し指は薬指に添えるように構えます。

そのフォームを維持したまま、ドアノブを回すように手首を回転させて弦を持ち上げチョークアップすることを意識するのがコツです。

まとめ

ギターのチョーキングビブラートのやり方についてを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

チョーキングビブラートをマスターすると、ボーカルのように音の高さを揺らすことによって与える感情表現をギターでも演奏することができます。

この機会にぜひチョーキングビブラートを習得して、「ギターで歌う」ことができるようにしていきましょう。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site