ギターの弾き方

ギターのトリルのやり方と練習フレーズ

ギターの基本テクニックであるハンマリング・オンとプリング・オフを組み合わせたトリルは速弾きなどにも疲れていてかっこいいですよね。

ギター初心者でトリルの「スピードが遅い」や「音量ができない」と悩んでしまって、トリルが難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はトリルのやり方やコツ、練習フレーズなどを解説していき、トリルがうまくできない時に陥りやすい症状などの注意点をまとめました。

ギターのトリルとは

ギターのトリルとは
ギターのトリルとは、ピッキングは使用せずに2つの音を拍子に合わせることなくハンマリング・オンとプリング・オフを連続的に繰り返して音を出すテクニックです。

「トゥリルリルリルリ・・・」と小刻みに音を発するという意味から「Trill(震え音で発音する)」と呼ばれています。

また、トリルから進展したテクニックの一つですが、「ピックで高速タッピング」することで、音程差のあるトリルを可能にします。

レガート感のあるトリルは速弾きだけでなく、メロディアスなギターフレーズにアクセントとして取り入れることで、感情豊かな表現も可能になります。

ギターのトリルの左手のやり方

ギターのトリルの左手のやり方
ギターのトリルの左手のやり方について、いくつかコツをご紹介します。

指を大きく動かさない

極力小さなアクションでしっかりとした音が出せるようにするには、指先を立たせることで効率よく押弦することがる
トリルはハンマリング・オンとプリング・オフを繰り返すときに、指を大きく動かさないようにするのがコツです。

極力小さなアクションでしっかりとした音が出せるようにするには、指先を立たせることで効率よく押弦することができます。

そのため、できるだけ第一関節が垂直に近い状態になるように意識することが大切です。

トリルの動きに指の筋肉を慣れさせ持久力をつける

トリルの動きに指の筋肉を慣れさせ持久力をつける
トリルは指を連続して動かし続けるので、指の筋肉や持久力が必要になります。

特にギター初心者では指の筋肉がトリルの動きに鳴れていないので、最初から無理やり速くしようとすると腱鞘炎など腕を痛めてしまう原因にもなります。

最初はゆっくりしたテンポで確実にハンマリング・オンとプリング・オフで鳴らせるようにしていきながら、テンポを徐々に速くすることで指の持久力を鍛えることができます。

ギターのトリルの練習フレーズ

ギターのトリルの練習フレーズ

ギターのトリルの練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

楽譜やTAB譜(タブ譜)上でトリルは「tr」という記号で表記されています。

また、トリルの効果的な練習法としては、しっかりと音量が出せるようになりつつ、指の筋肉や持久力をつけるためにアコースティックギター(アコギ)で練習することがおすすめです。

弦の細いエレキギターでトリルをするとフォームが崩れていてもわりと音が鳴ってくれるので、もしお持ちであればアコースティックギター(アコギ)で挑戦してみましょう。

練習フレーズ1:薬指を鍛えるハンマリング・オン&プリング・オフ

練習フレーズ1:薬指を鍛えるハンマリング・オン&プリング・オフ

まずは薬指を鍛えるハンマリング・オン&プリング・オフの練習フレーズです。

最初はゆっくりとしたテンポで拍子に合わせてハンマリング・オン&プリング・オフを確実に音を鳴らせるようにしましょう。

練習フレーズ2:小指を鍛えるハンマリング・オン&プリング・オフ

練習フレーズ2:小指を鍛えるハンマリング・オン&プリング・オフ

次に小指を鍛えるハンマリング・オン&プリング・オフの練習フレーズです。

最初はゆっくりとしたテンポで拍子に合わせてハンマリング・オン&プリング・オフを確実に音を鳴らせるようにしましょう。

練習フレーズ3:基本的なトリル

練習フレーズ3:基本的なトリル

次に基本的なトリルの練習フレーズです。

無理なスピードでトリルをする必要はありませんが、できるだけ速くハンマリング・オン&プリング・オフを繰り返して弾きましょう。

練習フレーズ4:スライドでポジション移動する高速トリル

練習フレーズ4:スライドでポジション移動する高速トリル

次にスライドでポジション移動する高速トリルの練習フレーズです。

最初の1拍目のピッキング以外はトリルをしつつ、スライドでポジションを移動して弾きましょう。

あわせて読みたい

練習フレーズ5:ピックタッピングを使った高速トリル

練習フレーズ5:ピックタッピングを使った高速トリル

最後にピックタッピングを使った高速トリルの練習フレーズです。

15フレットをピックタッピングし続けながら、左手はスライドでポジションを移動して弾きましょう。

ギターのトリルが上手くできないときに見直すポイント

ギターのトリルが上手くできないときに見直すポイント
ギターのトリルが上手くできない時に見直すポイントをいくつかまとめました。

トリルで音量が出ない

プリング・オフで指を真上に離しているだけ
トリルで音量が出ない場合は、プリング・オフでしっかりと弦を引っかけて音を鳴らせていない場合が多いです。


指を速く動かそういう意識だけでは、プリング・オフで指を真上に離しているだけになりやすいので、プリング・オフで指を離す時は指は斜め下に弦を引っかけることを意識しましょう。

少し円を描く指の動きになる
そうすると、指の動きはハンマリング・オンで真上から叩きつけ、プリング・オフで斜め下に引っかける動作を意識すると、少し円を描く指の動きになります。

トリルのスピードが遅い

ハンマリング・オンで指を押弦している状態
トリルのスピードが遅い場合は、トリルの動きに筋肉が鳴れていないだけの場合もありますが、指が大きく動いている場合も考えられます。

しっかりと音量を鳴らそうとして指を大きく動かしてしまうと、トリルも速くならない
しっかりと音量を鳴らそうとして指を大きく動かしてしまうと、トリルも速くならないですし、筋肉なども疲れやすいです。

肩から肘、手首から指先に至るまで「できるだけコンパクトに動かす」
肩から肘、手首から指先に至るまで「できるだけコンパクトに動かす」ということを意識し続けることで、徐々にトリルのスピードを上げることができます。

まとめ

ギターのトリルのやり方についてを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

トリルをマスターすると、速弾きやメロディアスなフレーズにアクセントを取り入れられたり、トリルをしながらアームダウンや右手でハーモニクスポイントを押さえたりすることで独創的な演奏もできます。

この機会にぜひトリルを習得してください。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site