ギターの弾き方

ギターのハンマリング・オンのやり方と練習フレーズ

ギターの基本テクニックの一つであるハンマリングは、エレキギターはもちろん、アコースティックギター(アコギ)も含めて様々なフレーズで使われています。

ギター初心者で「うまく音がでない」や「音量がでない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、ギターのハンマリング・オンのやり方やコツ、基礎練習の方法などを解説していきます。

ギターのハンマリング・オンとは

ギターのハンマリング・オンとは
ギターのハンマリング・オンとは、指先で弦をフレットに叩き付けて音を出すテクニックで、指先をハンマーのごとく弦を叩きつけるという意味から「ハンマリング」と呼ばれています。

正式名称は「ハンマリング・オン」ですが、略称して「ハンマリング」と呼ぶことが一般的です。

「ハンマリング」は音を繋ぐレガート奏法のテクニックの一つであり、「プリング」や「スライド」などのテクニックと組み合わるた速弾きなどの高速フレーズなどがあります。

また、ピッキングせずに連続で音をならすことによって、滑らかなレガート奏法が可能になります。

あわせて読みたい

ギターのハンマリング・オンの左手のやり方

ギターのハンマリング・オンの左手のやり方
ギターのハンマリング・オンの左手のやり方について、いくつかコツをご紹介します。

弦を叩きつける時は指先の先端と指の腹の間ぐらい

弦を叩きつける時は指先の先端と指の腹の間ぐらい
ハンマリングでは、指先のどのあたりで弦を叩くかによってハンマリングの音量が大きく変わります。

細い指の先端で弦を叩くのが最も音量が得られますが、広い面積の指の腹で弦を叩いたほうが、弦に当たる確率も増えて安定して音が出やすくなります。

そのため、基本的には指先の頂点で弦を叩くのが音量も出せてベストですが、指先の先端と指の腹の間ぐらいで弦を叩くのがコツです。

指の第一関節は曲げて垂直にする

指の第一関節は曲げて垂直にする
ハンマリングでは、できるだけ指の第一関節は曲げて垂直にすることがコツです。

第一関節が垂直に近い状態になればなるほど、指を弦に叩きつけたときに指版に向けて力が伝わりやすく、最小限の力でしっかりとした音を鳴らすことができます。

もちろん、低音弦側になるほど垂直を維持することは難しいので、できるだけ垂直に近い状態で60度~80度ぐらいになるよう意識しましょう。

指を真上から叩きつけるようにする

指を真上から叩きつけるようにする
ハンマリングでは、指を真上から落とすように叩きつけるのがコツです。

指を弦に叩きつける動作は「指の付け根の関節を使って振りかぶる」ように指を動かすことで、必要最小限の動作でハンマリングすることができます。

また、小指が離れすぎてしまっていると指のバタつきの原因になりますので、小指がつられないように注意しましょう。

ギターのハンマリング・オンの基礎練習の方法

ギターのハンマリング・オンの基礎練習の方法
ギターのハンマリング・オンの練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

楽譜やTAB譜(タブ譜)上でハンマリングは「H」という記号で表記されています。

また、ハンマリングを練習する際はディストーションなどの歪み系やリバーブやディレイなどの空間系エフェクターを使わずに、生音で練習するのがおすすめです。

練習フレーズ1:薬指と小指を鍛えるハンマリングフレーズ

練習フレーズ1:薬指と小指を鍛えるハンマリングフレーズ

まずはハンマリングの基本動作を身に着けるための「薬指と小指を鍛えるハンマリングフレーズ」です。

1小節目と2小節目は人差し指で5フレットを押さえてピッキングし、7フレットを薬指でハンマリングして音を鳴らします。

また、3小節目と4小節目は人差し指で5フレットを押さえてピッキングし、8フレットを小指でハンマリングして音を鳴らします。

練習フレーズ2:メジャースケールを使った基本的なハンマリングフレーズ

練習フレーズ2:メジャースケールを使った基本的なハンマリングフレーズ

次にメジャースケールを使った基本的なハンマリングフレーズです。

フレーズ中に中指・薬指・小指すべての指でハンマリングしますが、クラシックフォームでしっかりとハンマリングできるようにしましょう。

このようなハンマリングフレーズは速弾きなどでもよくつかわれております。

練習フレーズ3:コードカッティングにハンマリングを組み合わせたフレーズ

練習フレーズ3:コードカッティングにハンマリングを組み合わせたフレーズ

コードカッティングにハンマリングを組み合わせたファンクなフレーズです。

Emコード一発のかっこいいフレーズで、ハンマリングとブラッシングと組み合わせることでよりファンキーさを際立たせています。

練習フレーズ4:ハンマリングとプリングを連続で組み合わせた高速フレーズ

練習フレーズ4:ハンマリングとプリングを連続で組み合わせた高速フレーズ

速弾きで定番のハンマリングとプリングを連続で組み合わせた高速フレーズです。

ピッキングをした後の左手は「ハンマリング→プリング→スライド」となり、上昇・下降を繰り返すフレーズになっています。

スライドさせたときに左手のフォームが崩れないように注意しましょう。

ギターのハンマリング・オンが上手くできないときに見直すポイント

ギターのハンマリング・オンが上手くできないときに見直すポイント
ギターのハンマリング・オンが上手くできない時に見直すポイントをいくつかまとめました。

ハンマリングで指がバタつく

ハンマリングで指がバタつく場合は、ハンマリングする指と弦が離れすぎている場合が多い
ハンマリングで指がバタつく場合は、ハンマリングする指と弦が離れすぎている場合が多いです。

ハンマリングだけに限らず各指がうまく独立させるためには、ギターを弾くときは押弦していないときに指のフォームも常に意識しておく必要があります。

使っていない指は空中にもうひとつの押弦位置を想像して、使っていない指はそこを押さえるという意識を持つことで指のバタつきを抑制する

使っていない指は空中にもうひとつの押弦位置を想像して、使っていない指はそこを押さえるという意識を持つことで指のバタつきを抑制することにつながります。

チューニングは合っているのにハンマリングすると音程がシャープする

左手全体を使って振りかぶって叩きつけてしまっている
チューニングは合っているのにハンマリングすると音程がシャープする場合は、左手全体を使って振りかぶって叩きつけてしまっている場合が多いです。

ハンマリング時に大きな音を出そうとすると指の動きが大きくなってしまい、左手全体を使って勢いをつけて指を振りかざして叩きつけるてしまっている場合があります。

これでは、押弦までの距離が遠くなればなるほど速く弾くことができないですし、押弦の力が強くてピッチもシャープしてしまいます。

ハンマリングする指は弦の真上に位置するようにし、必要最小限の動作でハンマリングする

ハンマリングする指は弦の真上に位置するようにし、必要最小限の動作でハンマリングすることを意識することが大切です。

ハンマリングで音量がでない

ハンマリングで音量ができない場合は、弦をたたきつけている指先の位置と角度が悪い
ハンマリングで音量ができない場合は、弦をたたきつけている指先の位置と角度が悪い場合が多いです。

ハンマリングする指は第一関節をまげて、できるだけ垂直になるようにして真上からハンマリングすることで、力が伝わりやすくなります。

指先はできるだけ頂点でハンマリングするほうが音量はでますが、指先の先端と指の腹の間ぐらいで弦を叩く

また、指先はできるだけ頂点でハンマリングするほうが音量はでますが、指先の先端と指の腹の間ぐらいで弦を叩くことを心掛けましょう。

ハンマリングでうまく音が出ない

ハンマリングで音がうまくでない場合は、ギターの弦高が高すぎる場合がある
これらのことを守っていてハンマリングで音がうまくでない場合は、ギターの弦高が高すぎる場合があります。

弦高が「エレキギター:6弦側2.2mm/1弦側1.8mm」「アコースティックギター:6弦側2.5㎜、1弦側2.0mm」より高い場合は弦高調整することをおすすめします。

まとめ

ギターのハンマリング・オンのやり方についてを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

ハンマリングをマスターするとハンマリングとプリングを連続させた「トリル」になりますし、滑らかに音を繋げるレガート奏法などへも発展させることができます。

また、速弾きやタッピング奏法などへも応用できますので、この機会にぜひ基本を習得してください。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site