ギターの弾き方

ギターのトレモロピッキングのやり方と練習フレーズ

トレモロ奏法はエレキギターのギターソロなどに用いられることも多く、複雑なテクニカルなフレーズを弾く中でシンプルなトレモロ奏法が入るとかっこいいですよね。

ただ、トレモロピッキングが「速く弾くことができない」や「ピックが弦に引っかかる」など苦戦していて、難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

今回はトレモロピッキングのやり方やコツ、練習フレーズなどを解説していき、トレモロピッキングがうまくできない時に陥りやすい症状などの注意点をまとめました。

ギターのトレモロピッキングとは

ギターのトレモロピッキングとは
ギターのトレモロピッキングとは、単一の音を連続して弾く演奏方法で、トレモロ奏法とも呼ばれています。

「Tremoro(トレモロ)」はイタリア語で「振動」という意味が示している通り、ピッキングの速さと音の大きさを均一に揃えて振動させるかのように速く演奏します。

また、トレモロピッキングは「譜面の表記にある斜線の本数に従った速さで刻む」のか、「演奏者の可能な限り早く細かく弾く」のかなど、楽譜を解釈する必要がありますが、大抵は演奏者に委ねられます。

ギターのトレモロピッキングの右手のやり方

ギターのトレモロピッキングの右手のやり方
ギターのトレモロピッキングの右手のやり方のコツは大きく3つあります。

ピックの角度は平行気味の順アングル

ピックの角度は平行気味の順アングル
トレモロピッキングでも同様に、ピックの角度は平行気味の順アングルです。

ピックを深く持って、弦に対して立てるような角度でピッキングをした場合、多くの方は弾きやすいと感じるかもしれませんが、いわゆる弦を擦るような弾き方では音の輪郭ははっきりしません。

そのため弦に対して平行気味の順アングルで、確実にピッキングして音の粒を揃えるのがコツです。

右手は手首のスナップを効かせる

右手は手首のスナップを効かせる
右手は手首のスナップを効かせるやり方がおすすめです。

手首のスナップを効かせるやり方は、通常のオルタネイトピッキングと同様に「うちわを振るとき」のような「肘と手首の改定と上下運動」を併用した振り方です。

ただ、ギター初心者であれば手首のスナップを効かせることは意識しつつも、最初は右手はリキんでも良いのでとにかく速く弾こうとすることで、右手が速く弾くピッキングの感覚を掴んでいくのがコツです。

この状態で練習をしていきながら、徐々に右手をリラックスして脱力させていくことで、速く弾くために必要なピッキングの力加減がわかるようになっていきます。

最初からリラックスしようとしてもそれ以上は速くならないので、上記のように「右手を力いっぱいピッキングする→徐々に脱力させていく」という段階を踏むのが大切です。

ピッキングの速度を均一にする

ピッキングの速度を均一にする
最後に一番重要なのがピッキングの速度を均一にすることです。

トレモロピッキングは「振動」と意味する通り、単一の音を均一な速度で反復して繰り返すことによって、シンプルながらも豪快な印象を与える演奏方法です。

そのため、途中で速くなったり、遅くなったりするなど不安定にならないように意識することが大切です。

ギターのトレモロピッキングの練習フレーズ

ギターのトレモロピッキングの練習フレーズ

ギターのトレモロピッキングの練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

楽譜やTAB譜(タブ譜)上でトレモロピッキングは「Tremolo Picking」と表記されているか、音符に「≡(斜めの三本線)」という記号で表記されています。

練習方法としては、最初はメトロームを使ってテンポに合わせて、16分音符で弾くのか、6連符で弾くのか、5連符で弾くのかを決めてトレモロピッキングで弾くのがおすすめです。

様々な速度のパターンで弾けるようになると、どのような曲でも自分が意図した速度でトレモロピッキングができるようになっていきます。

練習フレーズ1:トレモロピッキングの基本をマスターする

練習フレーズ1:トレモロピッキングの基本をマスターする<

まずはトレモロピッキングの基本をマスターするための練習フレーズです。

何の変哲もないCメジャースケールの「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」をしっかりとトレモロピッキングで弾けるようにしましょう。

練習フレーズ2:トレモロピッキングで弾くオクターブ奏法

練習フレーズ2:トレモロピッキングで弾くオクターブ奏法

トレモロピッキングで弾くオクターブ奏法の練習フレーズです。

ここでは「かえるのうた」の冒頭のところを練習フレーズとしてご用意させていただきましたので、単調なメロディーをトレモロ奏法に変えるだけで、かなり印象が変わることを体感してみましょう。

練習フレーズ3:コードトーンを利用したトレモロピッキング

練習フレーズ3:コードトーンを利用したトレモロピッキング

コードトーンを利用したトレモロピッキングの練習フレーズです。

東京事変の「キラーチューン」という曲のサビの後半に使われているフレーズですが、歌を邪魔しないようにバッキングにトレモロ奏法を取り入れることでサビの後半を盛り上げてくれています。

ギターソロだけでなく、バッキングにもトレモロ奏法を取り入れたい方は一度弾いてみることをおすすめします。

練習フレーズ4:速弾きフレーズの高速トレモロピッキング

練習フレーズ4:速弾きフレーズの高速トレモロピッキング

速弾きフレーズの高速トレモロピッキングの練習フレーズです。

トレモロピッキングをメインとしたパターンの速弾きフレーズですが、途中の高速フレーズの時にピッキングが崩れないように意識しましょう。

ギターのトレモロピッキングがうまくできない時に見直すポイント

ギターのトレモロピッキングがうまくできない時に見直すポイント
ギターのトレモロピッキングが上手くできない時に陥りがちなポイントをいくつかまとめました。

トレモロピッキングでピックが弦に引っかかる

トレモロピッキングでピックが弦に引っかかる
トレモロピッキングでピックが弦に引っかかる原因の多くは、右手の上下運動の振り幅が一定ではないことが原因になっている場合があります。

トレモロピッキングでは、速く弾こうとするとできるだけ上下運動の振り幅を小さくして、小刻みにできたほうが速くピッキングすることができます。

ただ、速く弾くことだけに意識がいってしまい右手もガチガチになりすぎてしまい、右手の振り幅が小さいがゆえにピックが弦を弾く前に右手の振りを戻してしまっている場合が考えられます。

そのため、右手の上下運動の振り幅をピックが弦を弾くことを意識したうえで、徐々にコンパクトにしていくようにしましょう。

まとめ

ギターのトレモロピッキングについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

トレモロピッキングが弾けるようになると、フルピッキングと組みあわせることもできますし、何よりシンプルで豪快な印象を与えるフレーズに対応することができます。

ぜひ、この機会にトレモロピッキングにチャレンジしてください。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site