ギターの弾き方

ギターのフルピッキングのやり方と練習フレーズ

ギターをフルピッキングで高速かつダイナミックに弾いているギタリストはかっこいいですよね。

よくフルピッキングで「高速で弾けない!」や、「右手の動かし方がわからない」という悩みも多く、難しいと感じているかたも多いのではないでしょうか。

今回はフルピッキングのやり方やコツ、練習フレーズなどを解説していき、フルピッキングがうまくできない時に陥りやすい症状などの注意点をまとめました。

ギターのフルピッキングとは

ギターのフルピッキングとは
フルピッキングとは、ハンマリングやプリングなどを使用せずに、ピッキングのみで弾き切る演奏方法で、英語で「Full(完全な)」という意味からフルピッキングと呼ばれています。

速弾きなどの高速フレーズをはじめ、テンポの速い曲や遅い曲でもフルピッキングはよく使われているピッキングテクニックです。

反対に、ハンマリングやプリング、スライドなどを使用し、滑らかに音を繋げる奏法を「レガート奏法」と呼ばれます。

似たような奏法として「トレモロピッキング」がありますが、トレモロピッキングは「一つの音を連続して弾く」という意味です。

ギターのフルピッキングの右手のやり方

ギターのフルピッキングの右手のやり方
ギターのフルピッキングの右手のやり方のコツは大きく2つあります。

筋肉反射を利用する

筋肉反射を利用する
テンポの遅い曲ではオルタネイトピッキングの延長になりますが、速弾きで行うフルピッキングを想定するときは、筋肉反射を利用する方法です。

ピックを持つ右手のコブシをギューッと力いっぱい握りしめると、手首が固定されて肘から指先まで1本になっている右手がプルプル震えだすと思うのですが、これが筋肉反射です。

この筋肉反射の感覚を持ちつつ、最初は右手はリキんでも良いのでとにかく速く弾こうとすることで、右手が速く弾くピッキングの感覚を掴んでいくのがコツです。

この状態で練習をしていきながら、徐々に右手をリラックスして脱力させていくことで、速く弾くために必要なピッキングの力加減がわかるようになっていきます。

最初からリラックスしようとしてもそれ以上は速くならないので、上記のように「右手を力いっぱいピッキングする→徐々に脱力させていく」という段階を踏むのが大切です。

ピックの角度は弦に対して平行寄りの順アングル

ピックの角度は弦に対して平行寄りの順アングル
フルピッキングで速く弾く場合も、ピックの角度は弦に対して平行寄りの順アングルにします。

よく、弾きやすいからと言ってピックの角度を鋭利にしてしまうと、擦り弾きのようになってしまい、ピッキングした音の輪郭がなくクリアな音にならないです。

フルピッキングでも音の輪郭をはっきりとさせるために、ピックの角度は弦に対して平行寄りの順アングルで弾くのがコツです。

ギターのフルピッキングの練習フレーズ

ギターのフルピッキングの練習フレーズ

ギターのフルピッキングの練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

それぞれフルピッキングで弾いていきますが、自分が弾けるギリギリのテンポからはじめて、徐々にテンポを速くて練習していくのがおすすめです。

練習フレーズ1:1弦を16分音符をフルピッキングで弾く

練習フレーズ1:1弦を16分音符をフルピッキングで弾く

まずは1弦を16分音符をフルピッキングで弾く練習フレーズです。

16分音符4つで1つのパターンとなっているため、拍の頭でリズムをしっかりととりつつ、右手はできるだけ高速でピッキングしましょう。

練習フレーズ2:1弦の開放弦を使ったフルピッキング

練習フレーズ2:1弦の開放弦を使ったフルピッキング

次に1弦の開放弦を使ったフルピッキングの練習フレーズです。

私が好きなアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」から、文化祭で「ENOZ(エノズ)」というバンドで演奏された「God knows...」のイントロのリフです。

開放弦はフルピッキング16分音符を刻みながら、左手はタイミングを合わせて押弦しましょう。

練習フレーズ3:Amペンタトニックスケール一発のギターソロをフルピッキングで弾く

王道のAmペンタトニックスケール一発のギターソロをフルピッキングで弾く練習フレーズです。

1小節ごとに指運のパターンが変わりますが、弦移動が発生したときもしっかりとフルピッキングできるようにしていきましょう。

ギターのフルピッキングがうまくできない時に見直すポイント

ギターのフルピッキングがうまくできない時に見直すポイント
ギターのフルピッキングが上手くできない時に陥りがちなポイントをいくつかまとめました。

フィンガリングとピッキングが合わない

フィンガリングとピッキングが合わない場合は、どちらかのタイミングが速い(または遅い)ことが原因
フィンガリングとピッキングが合わない場合は、どちらかのタイミングが速い(または遅い)ことが原因です。

通常のフレーズでは左手が次を弾く準備をするために少し早めに押弦することが癖づいているため、大抵はフィンガリングのタイミングが速いことが考えられます。

「フィンガリングとピッキングを同時(同じタイミング)」に行う

ただ、どのフレーズにも言えることすが、「フィンガリングとピッキングを同時(同じタイミング)」に行うことが重要です。

まとめ

ギターのフルピッキングについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

フルピッキングで高速に弾けるようになると、様々な速弾きフレーズに挑戦することができ、ギターの演奏の幅を広げることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site