ギターの教則本

ギター教則本のおすすめを目的別に総まとめ|初心者や中級者が独学で上手くなる良書を厳選してご紹介

ギターを独学で効率よく上達するためにギター教則本を探している方も多いかと思います。

ただ、ギター教則本は数多く販売されていますが、音楽ジャンルや目的別に初心者向けから中級者向け、上級者向けのものまで内容は多岐にわたるため、どの教則本を選んでよいか悩んでしまう人も多いかと思います。

そこで、今回はギター初心者や中級者が自分の目的にあった教則本を見つけられるように、様々なカテゴリーに分けて良書を厳選してご紹介していきます。

目次

ギター教則本の選び方

ギター教則本の選び方
ギター教則本は一冊に目的に合わせた内容が詰め込まれているので、独学でギターを上達したい人におすすめです。

ただ、ギター教則本の選び方には3つのポイントがあります。

ギターの種類と音楽のジャンルに合わせて選ぶ

ギターの種類と音楽のジャンルに合わせて選ぶ
ギターの種類は大きく分けて「クラシックギター、アコースティックギター(アコギ)、エレクトリックギター(エレキギター)」があります。

また、音楽のジャンルも「弾き語り、ソロギター、ロック、ブルース、ジャズ」など様々なジャンルがあり、基本的に教則本はギターの種類や音楽のジャンルで分かれています。

ギターの種類や音楽のジャンルによって弾き方や演奏方法が異なるのはもちろん、身に着けるべき知識も違ってきますので、どのようなギターを学びたいかを考えてギターの教則本を選ぶのがおすすめです。

自分のレベルに合わせて選ぶ

自分のレベルに合わせて選ぶ
ギターの教則本はギターの種類や音楽のジャンルで分かれていますが、そのなかでも初心者を対象としたものから上級者向けのものまで様々です。

特に上級者向けの教則本は音楽理論やフレーズなどが応用的な内容中心で難易度が高いため、ギター初心者がいきなり独学で練習するには不向きです。

そのため、ギター初心者は基礎から幅広く学べる初級者向けの教則本からはじめていき、習得したい技術や知識によって中級者向け、上級者向けと順番にステップアップしていくのがおすすめです。

人気がある教則本から選ぶ

人気がある教則本から選ぶ
音楽の流行は時代によって変わっていきますが、ギターを弾くために必要な技術や知識は変わりません。

ギターの教則本は数多くありますが、ギターの上達を実感できたギタリストが多い人気のある教則本を探すために、ランキングなどでロングセラーとなっている定番の教則本から選ぶのがおすすめです。

また、最近ではCDが付いている教則本は当たり前になってきていますが、DVDの代わりにYouTube動画で見れるようになっている教則本もありますので、チェックしておきましょう。

ギター教則本の進め方

ギター教則本の進め方
ギター教則本の進め方は様々ですが、教則本の効果的な使い方を踏まえて進めることによって、上達のスピードも大きく違ってきます。

ギター教則本の進め方には3つのポイントがあります。

教則本の内容を全て順番通りに取り組む必要はない

教則本の内容を全て順番通りに取り組む必要はない
教則本を効果的に使うには自分が取り組みたい内容から始めるのがおすすめです。

練習フレーズが中心の教則本の場合は、教則本を一通り目を通してから簡単に出来そうなことから取り組むこともおすすめですが、難しいフレーズがどうしても弾けない場合は後回しにしても大丈夫です。

他のフレーズを先に練習していくことで徐々にギターも上達していきますので、前は弾けなかったフレーズがいつのまにか弾けるようになっていたりします。

また、音楽理論が中心の教則本の場合は、自分が得たい知識のところから読むこともおすすめですが、内容が理解できない難しい内容は後回しにして読み進めても問題ありません。

他の音楽理論を先に理解していくことで徐々に知識がついていきますので、前は理解できなかった音楽理論がいつのまにか理解できるようになっていたりします。

教則本の内容は細分化して考える

教則本の内容は細分化して考える
教則本を効果的に使うには内容を細分化して考えるのがおすすめです。

練習フレーズが中心の教則本の場合はただフレーズを弾けるようになるだけではなく「1小節単位、1拍単位」で何やってるのか、アイデアやアプローチを紐解いて自分の中に落とし込むことで効果が最大化します。

また、音楽理論が中心の教則本の場合はただ丸暗記するだけではなく、基本理論をベースに階層構造をイメージしながらできるだけ紐付けて覚えることで、より実践で使える知識になります。

教則本の内容をアウトプットする

教則本の内容をアウトプットする
教則本の内容をアウトプットすることで、より自分の中に落とし込むことができます。

練習フレーズが中心の教則本の場合は、「弾いて終わり」だけでなくスマホなどで自分の演奏を動画に撮って客観的に模範演奏と比較することで課題が明確になり、練習の精度をさらに上げることができます。

また、音楽理論が中心の教則本の場合は、「読んで終わり」だけでなく実際に作曲したりフレーズを作ることで自分の理解度がわかり、自分が理解しきれていない内容が明確になるので復習しやすくなります。

ギター初心者におすすめの教則本

ギター初心者におすすめの教則本
ギターを始めたばかりの初心者には入門書がおすすめです。

初心者向けの教則本ではギターの構え方やピックの持ち方をはじめ、チューニングの方法や弦交換などの基礎知識はもちろん、基本のコードストロークやテクニックなど詳しく解説されています。

独学でギターの基礎を身に着けることができる入門書をギターの種類ごとにおすすめをご紹介します。

アコースティック(アコギ)初心者におすすめの教則本

できる ゼロからはじめるギター超入門
【できる ゼロからはじめるギター超入門】は、累計7,000万部の人気を誇る「できるシリーズ」のアコースティックギター入門書です。

アコースティックギター(アコギ)について必要な基礎知識はもちろん、ピック弾き、指弾き、弦の押さえ方に加え、チューニング方法や弦交換、譜面の読み方なども図や写真をたくさん使って解説してくれています。

また、アコギ入門者が知っておくべきことを解説したDVDをはじめに観ることで、さらに理解しやすくなっているのでアコースティック(アコギ)初心者におすすめの教則本です。

エレキギター初心者におすすめの教則本

できる DVDとCDでゼロからはじめる エレキギター超入門

【できる DVDとCDでゼロからはじめる エレキギター超入門】は、累計7,000万部の人気を誇る「できるシリーズ」のエレキギター入門書です。

エレキギターについて必要な基礎知識はもちろん、ギターの構え方やピックの持ち方、アンプの使い方、パワーコード、リフ、メロディー、コード、基本テクニックを図や写真をたくさん使って解説してくれています。

また、エレキギター入門者が知っておくべきことを解説したDVDを観ることで、さらに理解しやすくなっているので、エレキギター初心者におすすめの教則本です。

クラシックギター初心者におすすめの教則本

クラシックギターの教科書

【クラシックギターの教科書】は、オールカラー入門教則本の決定版「教科書シリーズ」のクラシックギター入門書です。

クラシックギターについての基礎知識はもちろん、右手の基本、左手の基本、バレーコード(セーハ)の押さえ方など図や写真をたくさん使って細かく解説してくれています。

全ページオールカラーでDVD&CD付だけでなく、スマホ対応動画は演奏者目線(頭上)アングルで見ることもできるので、クラシックギター初心者におすすめの教則本です。

ギターのメンテナンス方法が学べるおすすめの教則本

エレクトリック・ギター・メカニズム-New Edition-

【エレクトリック・ギター・メカニズム-New Edition-】は、エレクトリックギターに関してエレキ・ギターの構造を専門的な掘り下げた名著です。

ギターの歴史や主要モデルをはじめ、木材、構造、メカニズムなどについて分かりやすく解説されており、ギタービルダーやリペアマンを志す人たちのバイブルとして広く認知された大ベストセラー本です。

リペアや改造をするという人以外でもエレキギターを弾くうえで必要な知識が網羅されており、写真も多く説明も的確に説明してくれており、エレキギターを弾くのであれば一度は目を通して損はない本だと思います。

ギターの基礎練習におすすめの教則本

ギターの基礎練習におすすめの教則本
ギターを効率よく練習する方法を知りたいという方は、ギターの基礎練習についてまとめられた教則本がおすすめです。

毎日5分だけでも効率の良い地道なトレーニングを繰り返すことでギターの上達速度は格段に早くなりますので、ギターの基礎練習におすすめの教則本をご紹介します。

ピッキングやフィンガリングの強化におすすめの教則本

DVDでギター上達! 究極のナチュラル・プレイ・フォーム

【DVDでギター上達! 究極のナチュラル・プレイ・フォーム】は、多数のギタリストから支持されていた教則本『究極のプレイ・フォーム』から新たなノウハウを収録したフォーム決定版です。

ギターのプレイフォームは様々ですが、ギターは非効率的なフォームでもとりあえず弾けてしまうので、独学で変な癖がついた弾き方が原因で上達を妨げられている可能性があります。

正しいフォームを身に着けることで「速弾き、カッティング、チョーキングなどのテクニック」などのテクニック面や音色面ともに上達しやすくなります。

運指強化におすすめの教則本

運指トレーニング

【究極のギター運指トレーニング】は、指が自由自在に動くようになる185のエクササイズが詰め込まれた教則本です。

運指トレーニングを続けることで各指が独立して動くようになり、運指の力加減が調整できるようになるので、運指が複雑なフレーズでも指がもつれずに弾けるようになっていきます。

また、運指トレーニングは左手の強化だけでなく、左手の運指精度が鍛えられることで右手のピッキングも自然と上達していきますので、ギターの基礎練習の1冊としておすすめです。

リズム強化におすすめの教則本

「ギターが下手」、原因の90%はリズム感

【「ギターが下手」、原因の90%はリズム感】は、ギター演奏のリズム感の向上に特化した教則本です。

ギターがヘタに聴こえる90%の原因はリズム感であり、リズム感を集中的に強化することで一気にギター演奏が上達するほど重要な基礎練習の一つです。

ジャンルを選ばずにギター初心者から上級者まで使える教則本になっているので、自分のギター演奏が上手く聞こえずに悩んでいる人がリズム強化におすすめの教則本です。

音感強化におすすめの教則本

耳と感性でギターが弾ける本

【耳と感性でギターが弾ける本】は、ジャズの名門バークリー音楽大学の講師であるトモ藤田さんによるギターと音感についてまとめられた教則本です。

本書は「耳を訓練し、感性を育て、弾きたい音を自由に弾く」というコンセプトになっており、本書のエクササイズはバークリー音楽大学でも実際に使われている具体的で効果も実証済みの内容が盛り込まれています。

ギターは平行して耳を鍛えることで相乗効果でギター上達に影響を与えますので、音感を鍛えたい方におすすめの教則本です。

耳コピ強化におすすめの教則本

耳コピ力アップ術 〜理論と実践と聴き分けのコツ

【耳コピ力アップ術 〜理論と実践と聴き分けのコツ】音を聴きとり楽譜に書き起こしたり、その通りに演奏する耳コピができるようになるための教則本です。

こうしては大きく3つになっており、耳の訓練編で聴音トレーニングを行い、理論編でコード進行や調や音階といった広範囲にわたる知識を学んでいき、実践編で曲を題材に耳コピをさらに鍛えていきます。

耳コピのテクニックを独自の方法で解説されておりますが、本書を順番通りに練習していくことで、耳コピに必要なテクニックが身に付くように作られているのでおすすめです。

ギターの音楽理論の勉強におすすめの教則本

ギターの音楽理論の勉強におすすめの教則本
音楽理論は作曲などだけでなく楽曲のギターアレンジにも応用することができたり、音楽理論がわかることでコード進行も覚えやすくなり、耳コピもしやすくなったりします。

音楽理論と聞くと難しいイメージがある方も多いかと思いますが、ここでは目的別に音楽理論を初心者にも分かりやすく、ギターの演奏に応用しやすい内容を解説している教則本をご紹介します。

コード理論の勉強におすすめの教則本

ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論

【ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論】は、Amazonでもベストセラーになっているコードの覚え方について解説されている教則本です。

音楽理論も可能な限り平易に説明されており、基本的な音楽理論を理解して簡単なルールに当てはめることで、ギターコードを丸暗記せずとも様々なコードを自分で導く方法が学べます。

ギター初心者では大量にあるコードの種類を一つひとつ覚えようとしてしまうことが多いですが、本書にあるたった7つのルールを覚えれば、約600個ものコードを覚えたも同然です。

これからコードを覚えようという初心者はもちろん、一度コードブックに挫折したという方にもおすすめの一冊です。

スケール理論の勉強におすすめの教則本

ギターのスケール&コード虎の巻

【ギターのスケール&コード虎の巻】は、ギターのスケールについてまとめられた教則本です。

すべての音には役割と意味がありますので、スケールの場所を覚えて闇雲に弾くのではなく、ルート以外の音が何の音か理解してスケールを弾く必要があります。

この教則本は「音名を明記」+「度数を色分け」したスケールとコードの指坂図「3rdの音(短3度や長3度)、7th(短7度や長7度)など」必要最小限の度数カテゴリーで色分けされています。

カラフルな指板図で音名や度数が一目瞭然なので、音楽理論書を読む時に本書を併用すれば、度数などの話が理解しやすくなりますのでおすすめです。

音楽理論の勉強におすすめの教則本

最後まで読み通せる音楽理論の本

【最後まで読み通せる音楽理論の本】は、数々のギター教則本を監修されている宮脇俊郎がギタリストの視点に立ってわかりやすい解説している音楽理論の教則本です。

独学で音楽理論を習得するのは難しいというイメージを持たれている方も多いかと思いますが、音楽の基礎知識を順番に学ぶことで音楽理論を理解してきやすくなります。

本書は「なぜ音楽理論を学ぶ必要があるのか?」からはじまり、五線譜やダイアトニックコード、スケールのイロハに加え、メジャーキーやマイナーキーなど基礎の基礎だけを徹底的に解説してくれています。

実際にギターを弾きながら楽しみつつ音楽理論が学べる内容になっていますので、音楽理論の基礎から学びたい初心者の方におすすめです。

作詞・作曲・編曲の勉強におすすめの教則本

よくわかる作曲の教科書

【よくわかる作曲の教科書】は、「作曲は難しいものではない!」をコンセプトにしており、 誰でもこの1冊で曲が作ることができることを目的にした書籍です。

図版や譜例が満載で見開きで1ページで構成されているのでわかりやすく、作曲のいろはからはじまり、コード進行の作り方やメロディの作り方、曲作りがうまくなるためのノウハウや効果的なアレンジなど作曲のコツが解説されています。

詳細な音楽理論は最小限という印象ですが、はじめて作曲に挑戦する人やアレンジの技法を学びたい方など、すぐに「使える」実践的なノウハウを学びたい方におすすめです。

演奏方法やテクニックの強化に特化したおすすめの教則本

演奏方法やテクニックの強化に特化したおすすめの教則本
ギターがある程度弾けるようになってきた中級者や上級者は、自分の目的に合った演奏方法やテクニックを強化することがおすすめです。

そこで、ここでは目的別に演奏方法やテクニックを効率よく強化することができるおすすめの教則本をご紹介します。

速弾き強化におすすめの教則本

ギター・マガジン 地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ

【地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ】は、速弾きのエクササイズとして定番人気の教則本です。

音楽専門学校MIジャパンのテクニカル系ギター学科GIT DX(超速ギター科)講師の小林信一による超絶ギター系教則本であり、初心者からでも速弾き練習を始めやすいように構成されています。

速弾きに必要な左手のフィンガリング強化はもちろん、右手のピッキング強化、ギター・テクニック強化、超絶フレーズ集など幅広い内容になっていますので、徹底的にテクニックを鍛えたい人におすすめです。

タッピング奏法の強化におすすめの教則本

超絶テクニック完全解析!タッピングのすべて

【超絶テクニック完全解析!タッピングのすべて】タッピング奏法についてあらゆる視点からDVDで完全解析している教則本です。

DVDでフレーズ解説や模範演奏が収録されているだけでなくスーパースロー映像やダイアグラムアニメーションでタッピング時の動きが手に取るように分かり、小さくまとめられたTAB譜を見ながら練習できます。

12通りのタッピングの基本からはじまり、右手と左手を集中的に鍛えるフレーズ、チョーキングやスライドなど組み合わせた応用パターン、最後には8フィンガータッピング(Both Hands Tapping)までタッピング初心者から超上級者まで練習できる63フレーズが収録されています。

タッピング奏法で使用されている様々なパターンを練習したい方におすすめです。

カッティング強化におすすめの教則本

DVD&CD付き 良いカッティング 悪いカッティング 完全版

【DVD&CD付き 良いカッティング 悪いカッティング 完全版】は、カッティングの基礎について焦点を当てた教則本です。

カッティングのフォームから良い音の出し方、フレーズの作り方、実際の演奏などがバランス良くまとめられており、見本演奏だけでなく「良いカッティング」と「悪いカッティング」の例が一緒に収録されています。

「音にキレが無い」「ミュートが上手くできない」などカッティングが上手くできないと悩んでいる方や、「ピックの持ち方」「右手の振り方」など基本のフォームから学びたい方にもおすすめです。

ソロギターにおすすめの教則本

ギタリスト養成塾 はじめてのソロ・ギター入門 (模範演奏CD付)改訂版

【ギタリスト養成塾 はじめてのソロ・ギター入門 (模範演奏CD付)改訂版】は、「ソロ・ギターのしらべ」シリーズや、ソロギタースタイルの演奏家としても有名な南澤大介によるソロギター入門書です。

ギターの基本的な構えから右手や左手のフォームについてはもちろん、ハンマリングやプリング、スライドなどのテクニックやメロディーと伴奏の弾き方など総合的にで学ぶことができます。

また、楽譜の基礎知識も解説してくれているだけでなく、弦の交換やギターの手入れなどのギターのメンテナンスだけでなく、爪の手入れについても丁寧に解説してくれているところが嬉しいところです。

付属の模範演奏CDとYouTube動画を併せて練習することにより、初心者でもソロギターに必要な演奏方法やテクニックを段階的に楽しく学ぶことが出来る内容になっていますので、ソロギター初心者におすすめです。

スラム奏法におすすめの教則本

絶対にわかる! 弾けるハイテクアコギプレイ 【DVD付】
絶対にわかる! 弾けるハイテクアコギプレイ 【DVD付】は、押尾コータロー、マイケル・ヘッジズ、ウィリアム・アッカーマンらのようなハイテクプレイに憧れるアコギユーザーに向けたDVD付き教則本です。

ステップアップ式のカリキュラムになっており、フィンガーピッキング、ネイルアタック、ストリングスヒット、ボディーヒット、ハーモニクス奏法や特殊奏法であるスラップ奏法なども一通り学ぶことができます。

また、各章の最後に用意されている課題曲で練習の成果を確認しながら進められるので、自分のレベルに合わせて進めていくことで着実にハイテクプレイが身につきやすいのでおすすめです。

音楽ジャンルに特化したおすすめの教則本

音楽ジャンルに特化したおすすめの教則本
音楽ジャンルの演奏方法を効率よく身に着けたい場合は、やはり音楽のジャンルに特化した教則本がおすすめです。

そこで、ここではジャンル別に初心者でも取り組みやすいおすすめの教則本をご紹介します。

ブルースギターにおすすめの教則本

DVD&CDでよくわかる! はじめてのブルース・ギター

【DVD&CDでよくわかる! はじめてのブルース・ギター】は、ブルースギター初心者向けの教則本です。

ロックンロール、ハードロック、ジャズなど、さまざまなスタイルのベースとなるブルースギターを、ブルースらしいコードやソロ・プレイを彩るテクニックの基本から丁寧に解説してくれています。

また、練習フレーズだけでなく、ブルースの歴史やブルースギタリストがよく使う機材なども紹介されているので、ブルースをよく知らない人でも学びやすい内容になっていておすすめです。

ジャズギターにおすすめの教則本

DVD&CDでよくわかる! はじめてのジャズ・ギター

【DVD&CDでよくわかる! はじめてのジャズ・ギター】は、これからジャズギターをはじめたいという方に向けた基礎が学べる教則本です。

初心者がジャズギターに挑戦しても挫折しやすい理由の一つにコードトーンやアボイドノート、スケール理論やコード理論など様々な理論を理解しなければならないところです。

本書ではジャズ特有のリズムやコードの基本から解説してくれており、コード進行の簡単な理論から憧れのアドリブソロまで、ジャズギターに必要な基礎知識を網羅しています。

一度ジャズギターの教則本に挫折したことがあるという方は、ジャズギターの基礎から順を追って練習していけるのでおすすめです。

まとめ

ギターの教則本についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

自分のレベルや目的に合った教則本で練習することによって、効率よく上達することができるように目的別におすすめを厳選してご紹介させていただきました。

是非、自分のレベルに合った教則本を見つけてギターを効率よく練習していきましょう。







-ギターの教則本

© 2022 Issy9174 official web site