ギターの弾き方

ギターのクリケット奏法のやり方と練習フレーズ

トレモロアームを叩いて音程が細かく乱れる音色を生み出す奏法は独特の音色で心地よいですよね。

アーミング奏法の一種であり、様々な有名ギタリストがユニークなギターフレーズを展開していますが、ギター初心者でも簡単に演奏することができます。

今回は、クリケット奏法のやり方のコツから効果的な練習フレーズを解説していき、クリケット奏法が上手くできない時に陥りやすい症状などの注意点をまとめました。

ギターのクリケット奏法とは

ギターのクリケット奏法とは
ギターのクリケット奏法とは、トレモロユニット本体やトレモロアームの先端を叩くことで、トレモロユニットを細かく振動させ、音程が細かく乱れるような独特の音色を生み出す演奏方法です。

また、音程が細かく乱れるような音色がコオロギの声に似ていることから、英語でコオロギという意味の「cricket(クリケット)」から、そのように呼ばれています。

シンクロナイズドトレモロなどを浮かした状態にセッティングしたり、フロイドローズなどのフローティング系のブリッジであれば、トレモロユニットではなくボディ本体を叩くことでも同じ効果が得られます。

クリケット奏法は60年代以前から存在しており、0年代にこの奏法を駆使したブラッド・ギルスの名をとってブラッド・ギルス奏法と呼ばれていたこともあります。

その後ジェフベックをはじめ、様々なギタリストがクリケット奏法を取り入れたフレーズを展開しており、ギターフレーズに独特のニュアンスを与えることができます。

ギターのクリケット奏法のやり方

ギターのクリケット奏法のやり方
ギターのクリケット奏法のやり方は大きく2つあります。

トレモロユニットのセッティングは浮かせる

トレモロユニットのセッティングは浮かせる
まず、クリケット奏法はトレモロユニットを微振動させることで音程を細かく乱れさせているため、トレモロユニットのセッティングは浮かした状態にしておきます。

一般的なフロイドローズは「フローティング」という、弦とトレモロスプリングの張力を釣り合わせてバランスを保つセッティングになっているので、問題なくクリケット奏法ができます。

ただ、シンクロナイズドトレモロユニットのセッティングは、チューニングをした時点でブリッジがボディから浮いてこない「ベタ付け」状態、ブリッジがボディから浮いている「フローティング」状態があります。

「ベタ付け」状態ではトレモロアームを叩いたとしても、バネに引っ張られてボディにぴったりトレモロユニットがくっついてしまって、微振動しなくなってしまいます。

そのため、「フローティング」状態にすることで、トレモロアームを叩いてもトレモロユニットがボディにつかずに微振動してくれます。

トレモロアームを叩く

レモロアームをヘッド側とは逆の方向にセッティングしておいて、ヘッド側ではない逆の方向に向かってトレモロアームを叩く
トレモロユニットをフローティング状態にセッティングしておけば、あとはトレモロアームを叩くだけです。

ギタリストによってトレモロアームの叩き方は異なりますが、トレモロアームをヘッド側に向いてセッティングしておいて、ヘッド側に向かってトレモロアームを叩くのがスタンダードです。

トレモロアームをヘッド側とは逆の方向にセッティングしておいて、ヘッド側ではない逆の方向に向かってトレモロアームを叩く

もう一つの方法としては、トレモロアームをヘッド側とは逆の方向にセッティングしておいて、ヘッド側ではない逆の方向に向かってトレモロアームを叩きます。

それぞれ得られるニュアンスも異なり、前者では音程が下がるところからはじまりますが、後者は音程が上がるところから始まります。

クリケット奏法で得たいニュアンスとギターフレーズに合わせて変えていくと良いでしょう。

ギターのクリケット奏法の練習フレーズ

ギターのクリケット奏法の練習フレーズ
ギターのクリケット奏法の練習フレーズを教則本などにも掲載されているような簡単なパターンでいくつかご用意しました。

楽譜やTAB譜(タブ譜)上でクリケット奏法は「Criket.」と表記されていることが多いですが、譜面に記載されていない場合も多いので、その場合は音源をしっかり聞いておきましょう。

練習フレーズ1:基本的なクリケット奏法

練習フレーズ1:基本的なクリケット奏法

まずは基本的ななクリケット奏法の使い方をしるための練習フレーズです。

Aマイナーペンタトニックスケールをなぞるようなフレーズですが、リズムも単調なメロディーになっています。

そこで、アクセントをつけたいところにクリケット奏法を取り入れることで、普通に弾くのとは異なったニュアンスのギターフレーズになります。

ギターのクリケット奏法が上手くできないときに見直すポイント

ギターのクリケット奏法が上手くできないときに見直すポイント
ギターのクリケット奏法が上手くできない時に陥りがちなポイントをいくつかまとめました。

クリケット奏法でうまく音程が乱れない

トレモロユニットがベタ付け状態になっている
クリケット奏法でうまく音程が乱れない場合は、トレモロユニットのセッティングが原因の場合が多いです。

トレモロユニットをフローティング状態にセッティングしていたとしても、ダウンチューニングなどした場合に張力が変わってしまい、いつのまにかベタ付けになってしまっていることもあります。

トレモロユニットを浮かせる

また、ギターの弦の太さ(ゲージ)を変えた場合も張力に変化が起こるので、都度トレモロユニットのセッティングを調整しましょう。

まとめ

ギターのクリケット奏法のやり方ついて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

ギターのクリケット奏法ができるようになると、ギターフレーズにニュアンスをつけるときのレパートリーが増えますし、独特の音色はアクセントとなりギターフレーズを際立たせてくれます。

ギターの演奏の幅を広げることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site