ギターの弾き方

ギターのネックベンドのやり方|ネックに負担がかかる演奏方法なのでやりすぎは注意しよう

ギターのネックを持ってベンディングさせる演奏方法は見た目のインパクトもあってかっこいいですよね。

ただ、ネックベンドはネックに負担をかけてしまう演奏方法でもあり、ネックを折ってしまうのではないかと不安な方も多いかと思います。

今回は、ネックベンドのやり方を解説していき、ネックベンドが上手くできない時に陥りやすい症状などの注意点をまとめました。

ギターのネックベンドとは

ギターのネックベンドとはギターのネックベントとは、ギターのネックに力を加えてネックを反らせることで、弦のテンションを変えて音程を変化させる演奏方法です。

ギター用語で音程を変化させるという意味の「ベンディング(bending)」をギターのネックで行うことから、「ネックベンディング(neck bending)」または「ネックベンド(neck bend)」と呼ばれています。

レスポールやアコースティックギター(アコギ)など、トレモロアームついていないギターでもアーミングに似たベンディングやビブラートの効果を得ることができます。

ギターの演奏中にフレーズとして、またライブパフォーマンスの一環として取り入れることも多く、エレキギターやアコースティックギター(アコギ)だけでなくベースで行うプレーヤーもいます。

ただ、ネックベントはネックに力を加えて無理やりネックを反らせるのでネックに負担がかかりやすく、ネックベンドのやり過ぎでネックが折れたというギタリストもいるので注意が必要です。

また、ギターを試奏する場合やギターを借りる場合は絶対にしないようにしましょう。

ギターのネックベンドのやり方

ギターのネックベンドとは
ギターのネックベンドのやり方はとても簡単です。

右手はボディ・左手はネックを掴む

右手はボディ・左手はネックを掴む
音を出した後に右手でボディを押さえつつ、左手でネックを掴みます。

右手でボディをおさえるときは、ギターを構えた状態でネックとボディがつながっているネックジョイント部分の上側を押さえるのがスタンダードです。

左手は開放弦を使用する場合はネックとヘッドの間であるナットの裏側を目安にしてネックを掴み、押弦している場合はそのままでの位置でネックを掴めば準備完了です。

右手と左手をそれぞれ逆方向に力を加えてネックを反らす

ネックベンドで音程を下げる場合、左手はネックを押し出すように力を加え、右手はボディを身体側に押し付けるように力を加える
あとは右手と左手をそれぞれ逆方向に力を加えてネックを反らすだけです。

ネックベンドで音程を下げる場合、左手はネックを押し出すように力を加え、右手はボディを身体側に押し付けるように力を加えるようにします。

反対にネックベンドで音程を上げる場合、左手はネックを手前側に引っ張るように力を加え、右手はボディを掴んで前に引っ張るように力を加える

反対にネックベンドで音程を上げる場合、左手はネックを手前側に引っ張るように力を加え、右手はボディを掴んで前に引っ張るように力を加えるようにします。

これらの動作を連続的に行うことで、ビブラートをかけることもできますが、力を入れすぎるとネックが折れる場合がありますので注意が必要です。

ギターのネックベンドが上手くできないときに見直すポイント

ギターのネックベンドが上手くできないときに見直すポイント
ギターのネックベンドが上手くできない時に陥りがちなポイントをいくつかまとめました。

あまり音程を変化させられない

ネックベンドであまり音程を変化させられない
ネックベンドであまり音程を変化させられないのは普通です。

チューナーのメモリは10セント単位で記載されておりいることが多く「100セント=半音」になっています。

ネックベンドでは「20セント」から「25セント(半音=50セント、クォーター=25セント)」もベンディングできればかなり音程を変化させられているほうです。

これ以上のベンディングをする場合はネックにかなりの負担をかけてしまうので、ネックが曲がる、ネックにヒビが入る、最悪の場合は折れてしまうなどの可能性があることを覚悟しておきましょう。

まとめ

ギターのネックベンドのやり方ついて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

ネックベンドはアームがついていないギターでもチョーキングとは異なった音程変化をさせることができますし、ライブパフォーマンスの一環としてインパクトがあります。

ただ、ネックにかなりの負担をかけてしまう演奏方法でもありますので、ネックベンドを行うあ場合は自己責任で注意しながら行いましょう。







-ギターの弾き方

© 2021 Issy9174 official web site