ギターのエフェクター

ギターエフェクターのラインセレクターの使い方|おすすめの人気機種や定番機種などを厳選してご紹介

2系統の信号回路を切り替えることができるラインセレクターは、エフェクトスイッチングシステムとして分類されるエフェクターです。

現代では技術の発達により様々なメーカーから多種多様な特徴や機能を持つエフェクターが販売されているため、選択肢が広く自分の求めている理想のサウンドはあるものの選び方に悩むことも多いかと思います。

そこで今回は、ギターエフェクターのラインセレクターの使い方について解説していき、おすすめの人気機種や定番機種などを厳選してご紹介していきます。

ギターエフェクターのラインセレクターとは

ギターエフェクターのラインセレクターとは
ギターの「ラインセレクター(Line selector)」とは、信号回路を切り替えることができるエフェクターを意味します。

ラインセレクター単体では音色を変化させることはできませんが、配線を変更することなく2本のギターを持ち変えたり、2台のアンプを切り替えたりするなどが簡単にできます。

また、ラインセレクターをチューナーアウトのように使用したり、複数のエフェクターを一括で切り替えたり、エフェクターが原因による音痩せやノイズなど音質が劣化することを防げるなども可能です。

ギターからアンプまでの配線方法や順番を切り替えるという単純な機能ですが、アイデア次第で様々な使い方できるエフェクターです。

ギターエフェクターのラインセレクターの種類

ギターエフェクターのラインセレクターの種類
ラインセレクターは大きく分けて「ラインセレクター」「ABボックス」の2種類があります。

ラインセレクター

ラインセレクターは、一般的なオーディオイン/オーディオアウトに加えて、センド端子/リターン端子によるループ回路が搭載されたエフェクターを指します。

オーディオインから入力された信号はセンド端子から出力され、ループ回路に接続したエフェクターなどを経由してリターン端子から入力された信号をオーディオアウトから出力する構造になっています。

主にループは1系統、または2系統のものが一般的ですが、機種によってはチューナーアウトが備えられているもの、複数の入出力モードを切り替えられる機能が備えられているものもあります。

ABボックス

ABボックスは、1つのオーディオインと2つのオーディオアウトがあり、オーディオアウトの出力先を切り替えることができるエフェクターを指します。

ペダルのスイッチを踏むことで、オーディオインから入力された信号をAとBの2系統に分離されたオーディオアウトのどちらから出力するかを切り替えることができます。

また、ABボックスは入出力は逆でも使える仕様になっていることが多いため、2つのオーディオインと1つのオーディオアウトとしても使うことができます。

その場合は、ペダルのスイッチを踏むことで、オーディオアウトから出力する信号をAとBの2系統に分離されたオーディオインのどちらから入力するかを切り替えることができます。

ギターエフェクターのラインセレクターの接続順

ギターエフェクターのラインセレクターの接続順
ギターエフェクターのラインセレクターをつなぐ順番は、基本的にはどの位置に繋いでも大丈夫です。

2台のアンプを切り替える目的の場合はアンプの直前にラインセレクターを配置し、2本のギターを切り替える目的の場合はギターの直後に配置するのが一般的です。

また、ギターの直後にラインセレクターを配置してA回路をアンプへ、B回路をチューナーのインプットに接続することでラインセレクターをチューナーアウトのように使用することもできます。

ギターエフェクターのラインセレクターの使い方

ギターエフェクターのラインセレクターの使い方
ラインセレクターは目的に合わせて幅広い使い方ができるエフェクターの一つです。

ギタリストによっては目的に合わせてラインセレクターの使い方はいくつかあるため、代表的ラインセレクターの使い方をご紹介していきます。

ラインセレクターをエフェクトループとして使用する使い方

ラインセレクターをエフェクトループとして使用する使い方です。

ラインセレクターのセンド端子とリターン端子の間に複数のエフェクターを接続しておけば、ラインセレクターのスイッチを踏むだけでループ内に接続したエフェクターを一括でオン・オフにすることができます。

また、ラインセレクターがオフの場合はセンド/リターンを通過することがないため、音痩せやノイズ対策にもつながります。

ラインセレクターを2台のアンプを切り替える使い方

ラインセレクターを2台のアンプを切り替える使い方です。

ラインセレクターをアンプの直前に1つのオーディオインと2つのオーディオアウトになるように配置し、A端子に歪みの音作りをしたアンプを接続、B端子にクリーンの音作りをしたアンプに接続します。

こうすることにより、アンプの切り替えをABボックスで一発で切り替えることができ、音作りの幅も劇的に広げることができます。

ラインセレクターを2本のギターを切り替える使い方

ラインセレクターを2本のギターを切り替える使い方です。

ラインセレクターをギターの直後に2つのオーディオインと1つのオーディオアウトになるように配置し、A端子に1本目のエレキギターを接続、B端子に2本目のエレキギターを接続します。

こうすることにより、ギターの切り替えをABボックスで一発で切り替えることができ、シールドを差し替えることなくギターをスムーズに持ち変えることができます。

ラインセレクターをチューナーアウトとして使用する使い方

ラインセレクターをチューナーアウトとして使用する使い方です。

ギターの直後に1つのオーディオインと2つのオーディオアウトになるように配置し、A端子にアンプ側につながるように接続、B端子にチューナーのインプットに接続します。

こうすることにより、ABボックスをチューナーアウトのように利用することができるほか、チューニング中はミュート状態にしておくことができます。

ギターエフェクターのラインセレクターのおすすめ

ギターエフェクターのラインセレクターのおすすめ
ギターエフェクターのラインセレクターのなかでもすすめの人気機種や定番機種、名機などを厳選してご紹介していきます。

BOSS LS-2 Line Selector

多彩なセッティングが可能なラインセレクターです。

6種類のラインセレクトモードで「A-B、A-Bypass、B-Bypass、A→B→Bypass、A+B Mix - Bypass、OUTPUT SELECT」を切り替えることができます。

また、A/Bそれぞれのラインの出力レベルをミュート状態から +20dBのブースト状態まで調節可能なため、使い方に応じて音量コントロールが可能です。

CAJ MLS-2

CAJ MLS-2
コンパクトなボディに多彩な機能を備えたマルチラインセレクターです。

ABセレクターとしてはもちろん、LOOPセレクター、2in 1outセレクター、 A/A+Bセレクター、ノーマリーオープン・ラッチスイッチ、ノーマリークローズ・ラッチスイッチなどが1台で設定可能です。

また、パッシブタイプのため電源を必要としなくても動作可能です。

CAJ X Select

CAJ X Select
ラインセレクターとしてロングセラーモデルとなった「CUSTOM AUDIO JAPAN MLS-2」を進化させたモデルです。

3系統のインプットとアウトプットを装備しており、「ABボックス、1IN 2OUT(A/A+B)、ループセレクター、インプットセレクター、2モード・ラッチスイッチ」など多彩な用途に対応できます。

また、2系統のループを備えているため、「Send A/Send B/Output」と3系統に分岐することが可能となっています。

VOCU Magic Switching & Loops

VOCU Magic Switching & Loops
ラインセレクター機能と外部フットスイッチ機能を搭載したラインセレクターです。

2系統のシリアル接続のエフェクトループを搭載し、複数のエフェクトループを一括でオン/オフを切り替えたり、2系統のサウンドをワンアクションで入れ替えることが可能です。

背面のディップスイッチにより6種類のモードを選択して使うことができるため、アイデア次第で多岐にわたる使い方ができるラインセレクターです。

One Control Minimal Series TRI LOOP

4つの動作モードを備えたコンパクトなループボックスです。

特に2つのフットスイッチでそれぞれのループのON/OFFを行うモード、ABボックスのように2つのループを1発で切替可能なモードがあるため、アイデア次第で様々な使い方ができる仕様になっています。

また、小型ながら「BJF Buffer回路」を備えているため、非常に使い勝手の良いループボックスです。

One Control Minimal Series AB BOX

超小型サイズのシンプルABボックスです。

パッシブ回路で構成されているため、LEDの点灯を必要としなければ電源は不要なので使い勝手も良く、トゥルーバイパス仕様で音質劣化の心配もありません。

また、アウトプット側からインプット側に信号を送ることができるため、「インプットセレクター」としても使用することが可能です。

One Control Minimal Series BJF Buffer Split

One Control Minimal Series BJF Buffer Split
ワンコントロールの中でも最小・極小サイズを実現した「Minimal」シリーズのラインセレクターです。

コンパクトでありながら「バッファー、スプリッター、AB Box、1 Loop Box、インプットセレクター」と多彩な機能を搭載し、1台で6通りの使い方ができるなど柔軟な対応が可能です。

また、高品質で色付けの少ないBJF Bufferを採用しており、後段に繋ぐエフェクターの音痩せ・音質劣化を防いでくれます。

One Control Minimal Series 1 Loop BOX

One Control Minimal Series 1 Loop BOX
内部を全面PCB配列にすることで低価格かつ超小型を実現したモデルです。

複数台のエフェクターをまとめてオン/オフすることができるのはもちろん、ABボックスとして使用することもできるため、アンプの切替やチューナーアウトといった使い方もできます。

また、LEDの点灯には電源供給は必要ですが、パッシブ回路なので電源供給せずとも使用することが可能です。

MXR M196 A/B Box

MXR M196 AB Box
シンプルなパッシブタイプのABボックスです。

一つの入力に対して「Output a」「Output b」「Thuru」端子を搭載しているため、「A/B」の出力を切り替え、「A/B」同時出力、「Thuru」のみ出力といった使い方ができます。

3系統の出力先を切り替えることができるた自由度の高いABボックスです。

Noah’sark A-B/C Box

Noah’sark A-B-C Box
A/Bボックスの機能に加え、ラッチスイッチの機能を搭載したABボックスです。

「CTL」端子でアンプのチャンネルなどを切り替える外部フットスイッチとして利用すればステージ上での省スペース化を実現することができます。

また、全てパッシブ回路で設計されているため、電源も不要なので使いやすいABボックスです。

sobbat A/B Breaker

sobbat AB Breaker
バッファーアンプを搭載したABボックスです。

フットスイッチを一度踏むだけで2つのA/Bループの出力先を一発で切り替えたり、A/Bループを通さずに一発でバイパスするなど、抜群の操作性を誇ります。

また、全ての信号は内蔵のバッファーアンプを通過するため、エフェクターを直列配列した場合のノイズや音痩せ対策もされています。

JHS Pedals Active A/B/Y

JHS Pedals Active ABY
入力信号を2つに分けて出力することができるABYボックスです。

2つの出力を「ABフットスイッチでA/B切替」「YフットスイッチでA/B同時出力」することができるため、出力先の切り替えやステレオ出力に対応しているのが特徴です。

また、アクティブ回路によりスイッチ切替時のノイズを軽減しています。

JHS Pedals Mini A/B Box

JHS Pedals Mini AB Box
高品質のジャックとスイッチを使用したミニサイズのABボックスです。

赤と青の2色に点灯するデュアルカラーLEDを採用しており、A/Bどちらを使用しているかを一目で確認することができる視認性の良さが特徴です。

また、LEDを作動させるのに一般的な9V電源が必要ですが、パッシブ回路なのでLED点灯が不要な場合は電源供給は不要です。

MOOER Micro ABY MKⅡ

MOOER Micro ABY MKⅡ
パラレルアウトの設定が可能な超小型のABYボックスです。

ABボックスとしてA/B出力選択の切り替え、A/B入力選択の2種類の使い方ができますが、Yボックスとしてシグナルを2つに分けたり、2つのシグナルを1つに統合することができます。

LEDの点灯部以外はパッシブ回路になっているため、LEDの点灯が不要であれば電源供給せずに使用することもできます。

まとめ

ギターエフェクターのラインセレクターのおすすめについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ギターからアンプまでの配線方法や順番を切り替えるという単純な機能ですが、アイデア次第で様々な使い方できるエフェクターです。

是非、自分の求めているサウンドを実現できるラインセレクターを見つけていきましょう。







-ギターのエフェクター

© 2022 Issy9174 official web site