Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

仕事の悩み

仕事がつまらないのはなぜ?悩みの原因と解決方法

2020年2月16日

仕事をしていると、どうしてもつまらないと感じてしまう時がありませんか?

仕事にやりがいが感じられない、単純作業ばかりで暇、自分の仕事量に見合う給料ではない……などと悩んでいる人も少なくはないでしょう。

今回は、仕事がつまらない悩みの原因と解決方法について解説していきます。

仕事のつまらないと感じる人の特徴

仕事がつまらないと感じる要因は内部的な要因だけでなく、職場の人間関係や労働環境など、さまざまな外的要因も絡み合って悩みを形成していきます。

しかし、仕事がつまらないと悩んでいる人の傾向には特徴がります。

特徴1:目標がない

仕事をつまらないと感じる人の特徴として、目標がないことが挙げられます。

現在の仕事が将来にどのようにつながっていくかがわからなければ、日々業務に追われることになってしまい、モチベーションは下がっていってしまいます。

仕事が何のためにあるのかを考えて行動していない方が多く感じられます。

特徴2:やりがいがない

仕事がつまらないと感じている人の特徴として、やりがいが感じられないことは多くの人から挙げられ、仕事が単に時間と引き換えに給料を貰うだけになってしまっては精神的に退屈です。

しかし、就職活動をしていた時を振り返ってみると、何か実現したいことがあるから、今の会社を志望したのではないでしょうか。

今現在、自分のやりたいことはどれくらい実現できているか?仕事を通じての自己実現ができていなければ、やりがいは感じられず仕事がつまらないと悩んでしまいます。

特徴3:給料が安い

自分の仕事量に見合う給料がもらえていなければ、やがて仕事はつまらないものになっていきます。

給料は自分の仕事と、それにかけた時間の対価であり、仕事にはすべての社会人の生活がかかっており、給料が安いことで生活も困窮し、精神面の負担も膨張していきます。

こうした状況であっても、生活がかかっている以上簡単に仕事をやめるわけにはいきません。

ですが、給料が安いという不満を抱えながらも会社に留まらなくてはいけない、という悩みを抱えたままでは仕事がつまらなくなってしまいます。

仕事がつまらない悩みの8つの原因

仕事はたとえどれだけつまらないものであっても、続けるしかないのでしょうか?

その悩みを野放しにしてしまっては、どんどんストレスが溜まっていき、やがて身体を壊してもおかしくはなく、最悪の状況になる前に、しっかりと悩みの原因を突き止めるようにしましょう。

これらについては考えるだけでも苦痛を伴いますが、考えることが何より自分を守る術になります。

原因1:職場の人間関係

仕事がつまらない悩みの原因が、自分自身だけにあるものとは限らなく、職場の人間関係がよくないことが、仕事の質を下げていくケースも存在します。

例えば、上司が高圧的で何かにつけて怒られる場合は、どうしても「怒られないように」と逃げの思考で仕事をするようになってしまいます。

これは自分に原因があるのではなく、上司の対応の方が問題で、上司が部下の最大パフォーマンスを引き出すマネジメントができていないことを示します。

また、人間の感情は伝染していきますが、自分がどれだけポジティブであろうと心がけても、同僚が仕事の愚痴ばかり言っていてはポジティブであり続けることはできません。

仕事がつまらないと悩むのであれば、現在の職場が人と人との支え合いの中で仕事ができているか考えてみましょう。

原因2:職場の労働環境

仕事がつまらないと悩ませるのは、職場の人間関係だけではなく、たとえ人に恵まれていたとしても、そもそも労働環境が悪ければ苦しくなります。

日々当たり前のように残業が発生すれば、犠牲になるのは自分の時間です。

仕事で稼いだお金を使って自分のプライベートを充実させようと考えている人にとっては、残業で拘束時間が増えることは苦痛以外の何物でもありません。

それに対して福利厚生が充実していないともなれば、給料が安いと感じてしまうのも必然で、職場の労働環境への不満が、仕事のつまらなさを増大させます。

原因3:同じ仕事の繰り返し

毎日同じ仕事をしていれば、仕事がつまらなくなるのも当然で、人間は常に刺激を求めており、ルーティンワークでは自己実現には近づきません。

ルーティンを整えることの大切さは言うまでもなく、仕事に慣れる段階では、ルーティンワークより貴重なものはないでしょう。

しかし、一度仕事に慣れた人であれば、もっと大きな仕事に挑戦したいもので、同じ仕事ばかりしていても、自分にとって得られる発見は限度があります。

たとえ、やりたい仕事とは違っていても、さまざまな仕事に挑戦することで自分の可能性を発見できることがあり、同じ仕事ばかりをすることは、自分の可能性にフタをすることにつながってしまうのです。

原因4:自分のやりたい仕事ではない

自分のやりたい仕事をしていなければ、仕事はつまらないものになっていきます。

やりたい仕事ができるから今の会社に入ったのに、いつまで経っても仕事を任せてもらえないと悩む人も多いのではないでしょうか。

やりたいことはできない一方、1つずつ歳を重ねては時間だけが経過してしまったと自分にもどかしさを覚えてしまいます。

しかし、会社にはやりたい仕事が存在するのも確かであり、そのため現職に留まる選択をしてしまっている人もいるでしょう。

会社を信じればいいのか、自分を信じればいいのか路頭に迷ってしまい、仕事と自己実現に関する悩みは終わりが見えません。

原因5:誰にでもできるような簡単な仕事しか任せてもらえない

「この仕事は誰にでもできるんじゃないか」と感じながら仕事をしていても、やりがいを感じられずにつまらないものにしかなりません。

「自分がこの仕事をする意義」が見いだせないと、投げ出したくなってしまうもので、人は誰しも「いつかは自分の力で世の中を動かしてみたい」と少なからず考えていて、その考えを抑えつける必要はありません。

大きな仕事がしたいのに、実際やっているのは誰でもできることでは退屈で、仕事をしている喜びが得られていなければ、それは考えを改める時であると言えます。

原因6:忙しすぎる

仕事に休む間も生まれなければ、やがてつまらなくなるものです。

最初は仕事の忙しさを、「どこも同じなんだろう」と受け入れて取り組んでいきますが、時が経っても仕事の忙しさは収まる気配も見せず、気づいたら「仕事しかしてない」状態になってしまいます。

仕事に疲弊してしまい、家に帰っても食事をして寝るだけになっていませんか?休日は充実していますか?こうした問いにいい答えができないのであれば、「仕事人間」になっている証拠です。

余裕を失い、自己肯定感も損なわれていき、些細なことにイライラしてしまい、すべてが仕事へのストレスとなって返ってきます。

原因7:仕事が暇である

仕事に暇が多いことは、楽ではありますが同時につまらなさも感じさせます。

仕事が暇であっても、拘束時間内であれば仕事以外のことをやるわけにはいきませんし、やりたいことがあるのに、何もできずに時間だけが過ぎていくもどかしさだけが残ります。

人生で最も尊いのが時間ですが、時間は決して増えることはありませんので、その時間を「明らかに無駄にしている感覚」を抱えながら呆然とやり過ごすのも大きな困難になります。

原因8:結果が出ない

仕事で結果が出ていないと、「この仕事は自分にむいているのかな」と不安になり、ネガティブな感情になってしまうため、仕事に面白さは感じられません。

特に営業職などは結果が可視化されるため、結果を出した人とそうでない人が会社全体に一目瞭然です。

自分の結果が出ていなければ、そしてそれが会社全体に共有されていることがわかってしまえば、自分への罪悪感だけで心がいっぱいになってしまい、そのような状況では、「プライベートを満たしたい」という感情は自分で邪魔者扱いするようになっていきます。

結果が出ない理由もすべてが自分だけにあるものとは限らないので、しっかりと外的要因も含めて検証していくことが必要です。

仕事がつまらない悩みの5つの解決方法

仕事はつまらないものを耐える必要はありませんので、こちらの悩みの解決方法を確認し、仕事を充実させていきましょう。

解決方法1:自分の将来について考える

仕事がつまらないと感じるのであれば、まずは自分の将来について考えてみましょう。

自分の内面と向き合う時間すら失っているからこそ、仕事はつまらなくなっていきますので、無理やりにでも、自分について考える時間を確保しましょう。

やりたいことでもなく、将来につながるわけでもない仕事は退屈そのものですので、自分のやりたいこと、将来につながることが本当に今の仕事にあるかを考えていき、今一度、自分と向き合うようにしましょう。

解決方法2:いろいろな人に相談する

悩みに対する方向性は、自問自答の中だけで出てくるとは限りませんので、そういう時は積極的に誰かに相談しましょう。

会社の人に相談するのであれば、仕事のやりがいをどこに見いだしているか聞いてみるのも良いですし、仕事を続けていくヒントが隠れています。(友人や家族に相談するのであれば、世間一般の常識にとらわれないようにすることは念頭に置いておく必要はあります。)

今の会社を続けること、今の業界にいること、会社員として働くこと……すべてに対して考えるきっかけになります。

もちろん、何よりも大切なのは自分の考えですので、自分の考えをまとめて誰かに相談できるのが一番ですね。

解決方法3:会社をやめるつもりで仕事をする

今の仕事がつまらなければ、会社をやめることを前提にして仕事をするのも一つで、自分を客観的に見て、他社でもやっていけるスキルがあるのか見極めることもできます。

また、会社をやめる前にひとつ大仕事をすると心に決めるのも良く、そこで仕事に集中して自分に合う働き方を発見することもできる可能性もあります。

会社に爪痕を残そうと仕事をしていく中で、会社の新たな良さや今の仕事の良さに出会えるケースもありますので、自分の気持ちをひとつ解放してあげることで、縛りがなくなり仕事の質も上がっていくでしょう。

解決方法4:転職する

今の会社の中で手を尽くしても、やはり仕事がつまらないものであれば転職も視野に入れることも必要です。

転職に向けて、自分のスキルを棚卸していくなかで、もっとも重要なことは「自分のやりたいことを明確にすること」で、その軸がぶれてしまうと、転職しても同じように仕事がつまらないものになってしまいます。

また、自分の方向性が明確になっていないと会社も採用しにくくなりますので、仕事を通じて何を実現したいのか、徹底的に考えていきましょう。

解決方法5:会社員をやめる

仕事がつまらないのであれば、会社員という働き方をやめるのもひとつの手です。

会社員以外にも、フリーランスや起業という選択肢もありますし、「やりたいことだけやっていきたい」と考えるのであれば、会社員よりもしっくりくる働き方で、仕事を通じて人生の充実感を覚えることで、仕事の大切さにも気づけます。

仕事は仕方なくやるものではなく、自分の人生のためにするものですので、給料にとらわれずにやりがいで生きていたいのであれば、会社員をやめてみてもいい挑戦になります。

まとめ

仕事がつまらない原因と解決方法について解決してきましたがいかがだったでしょうか。

仕事がつまらないと感じるのは、内部的な要因である「自分自身の考え方」外部な要因である「周りの環境要因」次第でも変わってきます。

今の会社でも、自分の行動を変えれば解決できることも多大にありますので、転職する前に自分と向き合っていきましょう。







TwitterやYouTubeチャンネルもやっていますので、是非、お気軽に「Twitterのフォロー」や「YouTubeのチャンネル登録」をしてもらえると嬉しいです。

-仕事の悩み

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.