HTML&CSS

【HTML】リンクタグ<a>

リンクタグ<a>

リンクを作成する要素は<a>タグです。

「a」は「Anchor(アンカー)」の略で、<a>タグで囲んだテキストはアンカーテキストになります。

アンカーテキストとは、他のWebページへのリンクに表示する文章のことで、クリックできるテキストを「テキストリンク」といいます。

 html
<a>アンカーテキスト</a>

また、参照先のリンクをしてする際は「href(エッチレフ)」を使用してリンク先を指定します。

「href(エッチレフ)」を使用してリンク先のURLを記載する場合は「"(ダブルクォーテーション)」で囲み、aタグで挟まれた部分に、リンクとして表示したい文字(アンカーテキスト)を書きます。

 html
<a href="https://issy9174.com/">アンカーテキスト</a>

リンクタグ<a>の使い方

インターネット上のHTMLサイトでは、メニュー画面からリンクを辿っていき他のページへ移動します。

リンクは、サイトを見に来てくれた人が必要な情報にたどり着くための、道標やドアの役割を担っているのです。

 html
<h1>リンクタグとは</h1>
<h2>リンクタグの使い方</h2>
<p>詳しくは<a href="https://issy9174.com/programming5">リンクタグの使い方</a>で詳しく解説しています。</p>







-HTML&CSS

© 2021 Issy9174 official web site