夢・目標・暮らし

ミニマリストとは目的を達成するための手段である|増えた理由はIT革命によるもの

最近ミニマリストという言葉をよく耳にするんじゃないでしょうか?

「とにかく異常にモノを捨てる人」というイメージがあったり、何もない部屋を見て「頭おかしい」と感じている人もいるかもしれません。

そこで、今回はミニマリストの本来の目的やメリット・デメリットなどを解説させていただきます。

ミニマリストとは

ミニマリストは「とにかくモノを捨てる人」というイメージを持たれているかもしれません。

そのまえにまずは「ミニマリスト」の意味と類語後である「シンプリスト」、対義語である「マキシマリスト」をそれぞれ解説させていただきます。

ミニマリストの意味は「最小限主義」

ミニマリストとは、必要最小限の物だけで暮らす人のことで、英語で「最小限の」という意味の「minima(ミニマム)」から派生した造語です。

直訳すると「最小限主義」という意味になりますが、「必要最小限のモノで豊かに暮らす」というライフスタイルの考え方です。

現代の大量生産・大量消費の社会において新しく生まれたライフスタイルでもあり、自分にとって必要なモノがあれば心豊かに暮らすことができるという暮らし方です。

シンプリストの意味は「単純化主義」

ミニマリストと類義語として「シンプリスト」という言葉があります。

シンプリストとは、すべての要素を単純化して暮らす人のことで、英語で「簡単、質素、単純」という意味の「simple(シンプル)」から派生した造語です。

直訳すると「単純化主義」という意味になりますが、「単純化・簡素化・統一を行い、生活の質を高めて暮らす」というライフスタイルの考え方です。

現代の様々な機能やデザインの商品が世に溢れているなかで生まれたライフスタイルでもあり、暮らしの要素を単純化して、統一感のある暮らしをすることができるという暮らし方です。

また、ミニマリストは「不要なものは徹底的に減らす」ということに対して、シンプリストは持ち物の量ではなく「暮らしの要素を単純化する」という違いがあります。

マキシマリストの意味は「最大限主義」

ミニマリストの対義語として「マキシマリスト」という言葉があります。

マキシマリストとは、自分の好きなモノに囲まれて暮らす人のことで、英語で「最大限」という意味の「maximum(マキシム)」から派生した造語です。

直訳すると「最大限主義」という意味になりますが、部屋は好きなモノや大切なモノなど多くのモノに囲まれて過ごすことで、幸福を感じることができるというライフスタイルの考え方です。

ミニマリストは目的を達成するための手段

ミニマリストは「必要最小限のモノで豊かに暮らす」という考え方には2つの目的があります。

一つ目は「本当に大事なモノを選択する」ということで、二つ目は「大事なモノに集中するために他を減らす」ということですが、それぞれ解説させていただきます。

本当に大事なモノを選択する

皆さん夢や目標などやりたいことはできているでしょうか?

多くの方は「やりたいことはできていません」であったり、「いつか時間ができたらやろうと思っている」というように考えられている方が多いのではないでしょうか。

例えば、英語の勉強がしたい、セミナーに通いたい、お金を稼ぎたい、副業したい、家族と過ごす時間を作りたい、ピアノを弾きたい、など、本当は自分の夢や目標は持っているはずです。

ミニマリストの一つ目の目的は、そのような自分の夢や目標など「本当に大事なモノを選択する」ということです。

大事なモノに集中するために他を減らす

ミニマリストの二つ目の目的は、自分の夢や目標を成しえるために「大事なモノに集中するために他を減らす」ということです。

例えば、モノを減らすだけで「モノを管理するための時間」「モノを管理するための場所」「モノを管理するためのお金」の無駄を省くことができます。

そうして生まれた「時間」「場所」「お金」を「大事なモノに集中する」ことで、より夢や目標など「本当に大事なモノ」に集中することができるということです。

そのため、ミニマリストは単純にモノを減らすだけが目的ではなく、「本当に大事なモノに集中する」ための手段の一つであるのです。

ミニマリストが増えた理由はIT革命によるもの

ミニマリストの目的がわかったところですが、「なぜミニマリストが増えたのか」理由が気になりませんか?

実はIT革命により「情報過多の時代」にもなり、「モノを所有しなくても生きていける時代」にもなったことが大きく上げられます。

IT革命により「情報過多の時代」になった

今まで新聞や本で得たていた情報がIT革命により、スマホやノートパソコンなど様々なデジタル技術が発達したことによって様々な情報が簡単に手に入るようになりました。

また、昔はモノを買うためにお店まで行って買っていたのが、現代では流通も発展したことによってネットショッピング(Amazonや楽天市場など)でボタン一つで簡単に買えるようになりました。

そのため、モノや情報が大量に届く時代になったことで慢性的な情報過多になり、情報やモノに費やす「時間・お金」だけでなく頭の処理容量も大量に消費してしまっています。

このような背景もあり「モノや情報を減らすという技術」が必要になり、ミニマリストという考え方が注目され始まました。

IT革命により「「モノを所有しなくても生きていける時代」になった

ミニマリストという考え方が注目されても「本当に物を減らし大丈夫なのか」という疑問が残るかと思います。

現代はIT革命により情報過多の時代は解説させていただきましたが、IT革命の恩恵で「モノを所有しなくても生きていける時代」になったというのも事実です。

例えば、車を所有しなくてもシェアリングエコノミーで車に乗ることができますし、音楽もCDで買っていたものが今ではストリーミングで聴くことができます。

さらに、モノが必要になった場合はスマホで簡単に手に入れることができますので、本当にモノが必要になった時点で所有することができます。

このような背景もあり、モノを所有しなくても豊かに暮らすことができるようになったということです。







-夢・目標・暮らし

© 2021 Issy9174 official web site