夢・目標

ミニマリストとは「大切なモノにフォーカスする」こと|とくにかく全部捨てるのは頭おかしい人

ミニマリストとは何ですか?と疑問視されている方も多いのではないでしょうか。

世間でも「とにかく異常にモノを捨てる頭おかしい人」と印象を持たれている人も多いかと思いますが、ミニマリストになる側も勘違いしている人が多いのも確かです。

今回は、ミニマリストという考え方について「ミニマリストの定義」「ミニマリストになることで変わること」「ミニマリストが注目され始めた背景」「ミニマリストになる前の注意点」を解説していきます。

ミニマリストとは

ミニマリストとは、必要最小限の物だけで暮らす人のことで、「minima(最小限の)」という意味のミニマルから派生した造語です。

自分にとって必要なものを取捨選択することで「大切なモノにフォーカスする」ことができ、必要最小限の持ち物で豊かな生活を送ることができるようになるという考え方です。

現代の大量生産・大量消費の社会において新しく生まれたライフスタイルでもあり、「豊かな生活=物質的な物が豊富」にあることではなく心が豊かであるということです。

シンプリストとは

ミニマリストと似たような造語で「シンプリスト」という言葉があります。

シンプリストとは、生活をできるだけ簡素化して暮らす人のことで、「simple(簡単、質素、単純)」という意味のシンプルから派生した造語です。

不要な家具や生活雑貨などの整理整頓や断捨離を定期的に行い、生活の簡素化・単純化・統一感を出すことで、生活の量ではなく質を高めることができるようになるという考え方です。

シンプリストとミニマリストとの違いは、ミニマリストは「大切なモノにフォーカスする」ことを目的としていますが、シンプリストは「生活の質を高める」ことを目的としています。

マキシマリストとは

マキシマリストとは、自分の好きなモノに囲まれて暮らす人のことで、「maximum(最大限)」という意味のマキシマムから派生した造語です。

ミニマリストとは真逆でもあり対義語のように使われており、部屋は好きなモノや大切なモノなど多くのモノに囲まれて過ごすことで、幸福を感じることができるという考え方です。

ミニマリストになることで変わること

先ほどミニマリストは「大切なモノにフォーカスする」ことが目的であるということが理解できたかと思います。

そうなると当然、「大切なモノにフォーカスする」ためには部屋にある不必要なモノを断捨離していくことになるというメカニズムになるというわけです。

ミニマリストになることで不必要なモノを断捨離して部屋が必要最小限の持ち物だけになってすっきりしていき、「大切なモノにフォーカスする」ことで変わることがたくさんあります。

自分が本当にやりたいことに時間が使える

まず、ミニマリストになることで圧倒的に時間が増えます。

不必要なモノが多いとモノを探すだけでもかなりの時間を使ってしまいますし、モノを片づけたり整理するだけでも一苦労です。

また、モノが多いことで掃除がしづらくて時間が余計にかかってしまったり、洋服を選ぶときにも何を着るか迷ってしまったりなど、意識せずに浪費してしまっていた時間がたくさんあります。

ミニマリストになり「大切なモノにフォーカスする」ことで、これらの無駄な時間を浪費せずに済み、自分が本当にやりたいことに対してしっかりと時間を使うことができます。

自分にとって本当に必要なモノにお金をかけることができる

次に、ミニマリストになることで圧倒的に自分にとって本当に必要なモノにお金をかけることができます。

不必要なモノに囲まれていると、いつのまにか同じものを買ってしまってしまうこともありますし、整理するための収納ケースを買おうものならさらにお金がかかります。

また、その場での思いつきで衝動買いしてしまって、その後何年も使っていないモノもたくさん出てきます。(後々、「なんでこれ買ったんだろう?」というモノありませんか?)

ミニマリストになり「大切なモノにフォーカスする」ことで、これらの無駄なお金を浪費せずに済み、自分にとって本当に必要なモノに対してしっかりとお金を使うことができます。

また、モノが少ないと広い部屋は不要になるので、賃貸にかける家賃にかけるお金も少なくて済みます。

自分が本当にやりたいことに対して行動的になることができる

最後に、ミニマリストになることで圧倒的に自分がやりたいことに対して行動的になることができます。

ミニマリストになり「大切なモノにフォーカスする」ことで先ほどご説明した通り、自分が本当にやりたいことに対して時間が使えますし、自分にとって本当に必要なモノにお金をかけることができます。

自分にとって本当に大切なモノがわかっているので、他人と比べることもなくなり「十分幸せだと感じる」ことができるので、自然と自己肯定感が高くなります。

自己肯定感が高い人は自己肯定感が低い人に比べて心が豊かになりますし、人間関係で考えても「ギスギスして睨みつけてる人」と「幸せそうに微笑んでる人」どちらが上手くいくか一目瞭然ですよね。

また、モノが少ないと引っ越しも簡単なので、いつでも自分の好きなところへ行くことができますし、新しい門出はいつもドキドキワクワクします。

なぜミニマリストが注目されるようになったのか

ミニマリストになること良い意味で変わることがたくさんあることがわかったと思います。

ただ、ミニマリストになるうえで「なぜ現代においてミニマリストが注目されはじめて浸透したのか」を理解しておいたほうが良いと思い、解説しておきます。

デジタル技術の発達による情報過多の時代になった

今まで新聞や本で得たていた情報がスマホやノートパソコンなど様々なデジタル技術が発達したことにより、様々な情報が簡単に手に入るようになりました。

また、モノを買うために店舗まで行って購入していたものが、今では流通も発展したことによりネットショッピング(Amazonや楽天市場など)で簡単に買えるようになりました。

そのため、モノや情報が大量に届く時代になったことで人間は情報過多になり、人間の脳は軽いパニック状態になっているわけです。

このような背景もあり、人は今までなかったモノや情報を減らすという技術が必要になり、ミニマリストという考え方が注目され始めました。

モノを所有しなくても生きていける時代になった

情報過多がIT革命の恩恵ということもありますが、モノを所有しなくても生きていける時代になったというのもIT革命の恩恵です。

車を持たなくてもシェアリングエコノミーで移動することができますし、音楽もCDで買っていたものが今ではストリーミングで聴くことができます。

このような背景もあり、モノを所有しなくても豊かに暮らすことが可能になったわけです。

ミニマリストになる前に注意しておくべきこと

さて、ここまで「ミニマリストの定義」、「ミニマリストになって変わること」、「ミニマリストが注目され始めた背景」を解説してきました。

ただ、残念なことに「ミニマリストの意味を勘違いしている人が多い」ので、ミニマリストになる前に注意しておくべきことを解説しておきます。

「とにかく全部すてる」はおすすめしない

「とにかく全部すてる」のがミニマリストだと勘違いしている人が多いです。

何度も繰り返しますが、自分にとって必要なものを取捨選択することで「大切なモノにフォーカスする」ことができ、必要最小限の持ち物で豊かな生活を送ることができるようになるという考え方です。

自分にとって大切なモノが「ピアノ」であれば捨てる必要はないですし、仕事で必要な機材も使っているのであれば捨てる必要はありません。

大事なのは「自分にとって必要なモノ」を見極め、「自分にとって不必要なモノ」を減らしていくことです。

「いきなりミニマリストになろうとする」ことはおすすめしない

ここまでの解説でミニマリストが魅力的に思えたのはうれしいのですが、モノを減らすのも一つの技術です。

よく「1日で不要なモノを全部捨てた」というミニマリストもいますが、それは「自分に大切なモノを見極めることができていた」から可能だったわけです。

大多数は「不要だと思ったモノをたくさん捨てたけど後悔した」という経験をしたことがある人のほうが多いですし、なにより「思い出の品は捨ててしまうと絶対に戻ってこない」です。

そのため、後悔しないようにゆっくり時間をかけて自分に必要なモノを見極めていくことが大切です。

まとめ

ミニマリストについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

何度も繰り返しますが、ミニマリストの定義は自分にとって必要なものを取捨選択することで「大切なモノにフォーカスする」ことができ、必要最小限の持ち物で豊かな生活を送ることができるようになるという考え方です。

是非、自分にとって必要なモノが何かを見極めていきましょう。







-夢・目標

© 2021 Issy9174 official web site