Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

転職体験談

看護師が夫の転勤についていくためだが良いタイミングだった転職した体験談

2019年5月3日

鹿児島県にお住いの20代女性「たけ」さんの「1回目の転職」で「ちょっと成功」だった転職体験談のご紹介です。

「たけ」さんが前職を選んだ理由

専門学校に通っている時に、1年間系列の病院で働くという条件で奨学金をもらうことができる制度があり、その制度のお金目当てと同じ専門学校の卒業生が多いという理由で就職しました。

どの病院で働いてもよかったのですが国立病院ということもあり、早めに退職しても退職金をもらうことができることもわかっていたため、1年働いてきつかったら辞めて退職金を受け取ろうと思っていました。

また、同じ専門学校の友達が多く就職した場所だったので安心していけました。

前職の詳細

  • 業種:医療系
  • 職種:看護師
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

前職の業務内容

主に腎臓内科、皮膚科、耳鼻科、眼科、泌尿器科の混合病棟で、主に手術や緊急で入院される人が多かったです。

注射や薬の管理、排泄ケアなどの生活ケア、食事介助や患者さんの部屋の掃除など、介護士でもできるような業務まで看護師の業務となっていました。

他にも、手術だしや術前と術後の管理、看護学生の指導なども担当し、入院時のオリエンテーションや体重測定、検査だしなどの送迎も行いました。

「たけ」さんの転職のきっかけ

大きなきっかけは、夫の転勤で、急に転勤になるといわれ、慌てて職場を退職しました。

また、その時に妊娠もしていたので、育休をとることなく退職となってしまいましたが、転職前の職場にかなり不満もあり、やめたい気持ちが強かったのも事実です。

看護師としての業務の多さで、残業をしないといけないような状態になっているのにもかかわらず、人手はどんどん減り、給料もそこまで多くはなかったからです。

人間関係も仕事の忙しさもありギクシャクしていたので、いい機会に仕事を転職できました。

「たけ」さんが転職活動で重要視していたこと

仕事と家事と育児を両立できるかどうかを重視しました。

看護師として働こうかと思ったのですが、転職する時期は妊娠していたので、無理して働いて流産するのも怖かったのでやめました。

また、転職をして別の仕事をしてみることで、仕事に対しての意欲も変わるかもしれないと思いました。

給料が大事と思っていたのですが、やはり長く続けていくことを考えると、人間関係や働きやすさを重視するほうがいいと思います。

「たけ」さんの転職活動の進め方

育児や家事をしていくときに役立つことができる職業かどうかを考えて探しました。

育児や家事はずっと続いていくものなのですが、私があまり料理や掃除をするのが苦手だったので、そういった苦手要素を克服しなければいけないと思っていました。

なので、そういった料理や掃除の技術を向上できるかどうかを確認して探しました。

給料で判断はせず、口コミなどをみて、職場の人間関係はどうなのかをみてどの職場が働きやすいのかをみました。

転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:3社
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2018年2月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

転職活動で苦労したことは、妊娠中だったということで、やはり、妊娠をしていると仕事が全てできるわけではありません。

また、数ヶ月で産休に入ってしまうので、産休が終わってから就職したほうがいいというところがおおかったです。

そのため、子供を出産してから保育園に3ヶ月くらいから預けられるので、預けられる年齢になってからすぐに働くということを言いました。

子供の体調次第では休むことも多いのですが、やる気を全面的に押し出したら就職できました。

「たけ」さんが転職先を選んだ理由

子供を出産したので料理ができないとダメだと思い、飲食業で探していて、今の職場を選んだ理由は、主人の友達が経営している飲食店だったからです。

子供はまだ小さいので、急な発熱などで保育園を休まなければいけないことがあるため、融通がきくところで助かりました。

また、勤務時間が4時間と短いこともあり、時間に余裕をもって仕事と家事と育児を両立することができました。

職場では、お客さんがいないときはお菓子を食べて休憩したりもするので、ストレスなく働くことができるところがいいです。

転職後の詳細

  • 業種:サービス系
  • 職種:飲食業
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:アルバイト・パート

転職後の業務内容

主にホールスタッフとして働いています。

朝からはホールの掃除などをしていますが、営業時間になったらお客さんにメニューを聞いたり料理を運んだりしていき、人手が足りていないので前菜を作ったりごはんをついだりしています。

ふるさと納税でプリンを作っているので、卵割りをしたり、プリンの郵送用の箱作りなども行なっています。

最近ではお客さんがいないときはプリンにブルーベリーやマンゴーなどの具材を入れる作業もしてます。

「たけ」さんの転職は「ちょっと成功」だった

自分が希望をしていた飲食店で働くことができたからです。

お客さんがいないときはお昼ご飯の準備をするのですが、その時に料理を教えてもらったり、帰るときに野菜をもらったりするので家計にも優しいし、自分のスキルをアップすることができているのでよかったと思っています。

ただ、家族で経営をしている飲食店なので、家族での喧嘩が多いです。

なので、その喧嘩をみながら仕事をしなければいけないこともあり、ちょっとストレスが溜まります。

「たけ」さんの転職を振り返っての感想

1つ目に就職したところからまるっきり違う職業で働くことはとてもいいことだと思いました。

たしかに、看護師としてのスキルをアップするために、また看護師として働いたほうがよかったのかもと思うこともあります。

しかし、色々な職業で働いてみることで違った角度で物事をみることができるし、看護師以外のスキルもアップすることができます。

転職をすることに勇気がいるかもしれませんが、思った時に行動することが大切だと思いました。

「たけ」さんの今後の目標

今後もこの飲食店で働きたいとは思いますが、おそらく数年後にはまた夫の転勤で転職をしなければいけないと思いますので、在宅ワークも今のうちにスキルアップをしておこうと思っています。

次の転職先は、また看護師として働きたいと思っています。

やはり、違う職業をしたこともあり、看護師としてまた働きたいという意欲がでてきたからです。

クリニックなどで働きたいのですが、まだスキルが十分ではないので大きな病院で働きたいです。

「たけ」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

自分が今なにをしたいのか、今の自分になんのスキルがあれば、今後の人生に生かしていけるのかを考えてみることが大切だと思います。

私は、結婚して子供も出産したので支えなければいけない人ができました。

だから、どういうスキルがあれば充実した生活をすることができるのかを考えて今飲食店で働いています。

転職をすることでマイナスにとられると思うかもしれませんが、今後の目標がしっかりと定まっていれば大丈夫だと思うのでぜひ目標をもってください。







TwitterやYouTubeチャンネルもやっていますので、是非、お気軽に「Twitterのフォロー」や「YouTubeのチャンネル登録」をしてもらえると嬉しいです。

-転職体験談
-, , , , , , , , ,

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.