Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

転職体験談

コールセンターが年功序列で頑張っても給与が上がらないため転職した体験談

2019年5月1日

愛知県にお住いの20代男性「ベイマックス」さんの「1回目の転職」で「ちょっと失敗」だった転職体験談のご紹介です。

「ベイマックス」さんが前職を選んだ理由

大学時代に情報通信について研究をするゼミに所属しており、NTT西日本のインターンシップに参加したことがきっかけで、通信インフラに携わる仕事につきたいと思うようになりました。

また、大学時代のアルバイトが、パン屋の販売やマンツーマンの塾講師の仕事などサービス業での仕事が多くしていました。

そのため、コールセンターというサービス業、かつ、通信インフラに関わる仕事をしたいと思うようになり、新卒社員として前職に入社することを決めました。

前職の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:コールセンター
  • 従業員規模:1001名~
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:SV
  • 雇用形態:正社員

前職の業務内容

NTT西日本管轄内のお客様(主にマスユーザー)から、電話にて固定電話や光回線のお問い合わせ、新規開通手配などの受付を行うコールセンターのオペレーターとして最初は業務していました。

その後、経験を経てオペレーターの育成指導やサービス不満によるクレームの二次対応等を行う管理者(SV)として仕事を行っています。

他には、クライアントに報告するための月次報告会への参加や新サービス導入時の知識補填研修の講師も実施しており、オペレーター・クライアントを主に相手とした仕事をしていました。

「ベイマックス」さんの転職のきっかけ

コールセンターの仕事は特に不満に思ったことがありませんでしたが、人間関係に嫌気がさしたのと年功序列の風土によって、給料がどれだけ頑張っても「頑張っていない先に入った人間の方が数倍支給されている」という現状に嫌気がさし退社することを考え出しました。

その当時の上司にも恵まれず、社内でのパワハラがあっても見向きもせず、事なかれ主義な対応をとっており「ここでは私の人生を任せる気にはなれないし、一生この会社で働くのは馬鹿らしい」と思うようになり、最終的に退社をしました。

「ベイマックス」さんが転職活動で重要視していたこと

一番重視をしていたのは、「前職よりも年収が上がるということ」と「前職で培ってきた管理者としての経験が活かせる職場」であるということの二点です。

一番望ましいのは、前職のコールセンターの経験がそのまま活かせて、かつ、年収も上がるということでした。

しかし、初めての転職活動ということもあって、その他のサービス業にも目を向けるようにしていました。

例えば、ホテルマンとして従事することやクルージング業のアテンダント業務も考え転職活動を進めていました。

「ベイマックス」さんの転職活動の進め方

転職エージェントの登録を行い、まずは職務経歴書の作成をしていきました。

その職務経歴書を参考に転職エージェントの担当者と、今までの経歴やパーソナルな情報までをお話して、今後の転職活動の軸となる価値観や譲れない条件などをすり合わせ転職活動を共に進めていきました。

転職サイトで気になる求人を探したり、転職エージェントからレコメンド求人を紹介され、応募までを請け負って実施してもらったりもしました。

時間が取れる土日には転職フェアを訪れ、色々な職種・業種の情報を仕入れ活動の参考にしていました。

あわせて読みたい

転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動期間:3ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2018年4月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

新卒の時の就職活動は前職の経験等は特に気にする事無く、やりたい仕事に対しての応募に飛び込めたのですが、転職となるとどの企業も即戦力を求めているので、前職のスキルを大いに活かせる仕事でないと果敢に攻めることができない状況が辛かったです。

興味がある業種でも「未経験者募集」となっている求人でも、前職よりもはるかに年収が下がってしまうので、コールセンター業界から抜け出せなくなっていました。

ただ逆に言うと、その業界ではとても有利に選考を進めることができたので、面接で話すことも特に困ることはありませんでした。

「ベイマックス」さんが転職先を選んだ理由

5年間新卒社員として勤務していた情報通信業界でのコールセンター業務でのスキルを活かして、もっと管理職として高みを目指していきたいと思うようになりました。

転職先は前職の競合他社であったため、存在はもちろん存じ上げていました。

前職と違うところは、年功序列で長くいた人間が評価される風土ではなく、新しいことにチャレンジした人間が評価をされる若い風土であるという社風に惹かれ、「ここであれば頑張った人間が報われる」と思い、入社をすることを決めた。

転職後の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:コールセンター
  • 従業員規模:1001名~
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:SV
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

4月に入社をし、3ヶ月間はオペレーターとして受発信業務に取り組みました。

その後、SVとしてオペレーターの応対品質の改善を行うために、毎日の定期モニタリング・個別フィードバックの実施を行っています。

他には、クライアントへの週次・月次報告書の作成・報告会への参加、時給制契約社員等オペレーターへの更新面談・退職手続き対応など服務面での対応を実施しています。

現在では統括SVとしてSV全体を取りまとめる責任者として業務に取り組んでいます。

「ベイマックス」さんの転職は「ちょっと失敗」だった

まだ入社してから一年が経っていないので判断がつかないのですが、月々の給料の金額は若干上がったのでその点は良かったです。

業務も忙しいですが、前職とやっていることがおおよそ同じであるので、さほどギャップを感じることなく取り組むこともできています。

しかし、同じ職場で働く人間、特に上司にあたるマネージャーや課長が本当に苦手で、一緒に仕事をするのも嫌なほどな認識になってしまいました。

仕事を教える気もないのに「そんなことも知らないのか?」と毎日言われ、転職者を受け入れる気がないのかよくわからない部署に来てしまったと大変後悔をしています。

「ベイマックス」さんの転職を振り返っての感想

転職活動を進めていく上で、もっとたくさんの人の意見を聞いたり、いっそのこと新しい世界にチャレンジして見ても良かったかもと後悔をしています。

実際、前職と似ているコールセンターでのSV業務の採用がとんとん拍子で決まってしまったため、他の選考を受ける気力や体力がなくなってしまい、半ば諦めに近い気持ちで転職活動を終えたと言う状況でした。

ただ、私のやりたかった、管理者としてのスキルを高めていくことができる環境はあると感じているため、その点で頑張っていけると思っています。

「ベイマックス」さんの今後の目標

前職の時にできなかった、管理者としての勉強や経験値をもっと積み重ね、自他共に認められる管理者として成長をしていくことを、今後の目標として働いていきたいと思っています。

現場でできる経験もありますが、社外で受けることができるコンタクトセンター検定やマナーに関する勉強、労務に関わる勉強も少しずつ進めていきたいと思います。

オペレーターや会社を守ることができる管理者へなるため成長をしていき、そのスキルに見合うお給料をいただくことを目標に取り組んでいます。

「ベイマックス」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

私はまだ転職をして一年が経っていないので、「前職の方が良かった」、「今の仕事は辞めておいた方がいい」と言う結論はまだ出せていないですが、そのどちらかの答えになるのかは私自身の考え方次第であると最近感じています。

転職エージェントの方達も、人が悪ければ自分たちの都合で物を言う人もいます。

なので、転職エージェントは程よく活用し、必要な情報や判断はやはり自分自身の直感を信じて取り組んでいくべきであると感じました。

信頼ができる家族や親友に相談しながら、食いのない転職活動をしていきましょう。







TwitterやYouTubeチャンネルもやっていますので、是非、お気軽に「Twitterのフォロー」や「YouTubeのチャンネル登録」をしてもらえると嬉しいです。

-転職体験談
-, , , , , , , , ,

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.