Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

転職体験談

システムエンジニアがうつ病がきっかけで会社を退職して転職した体験談

2019年4月29日

福島県にお住いの30代男性「まるちゃん」さんの「2回目の転職」で「ちょっと成功」だった転職体験談のご紹介です。

「まるちゃん」さんが前職を選んだ理由

大学卒業後に大学の事務として、母校で働いていました。

そのつながりで前職の仕事を紹介され、実際に会社の様子を見て、人のやさしさや環境の良さに惹かれて前職に就きました。

ただ、本社のみでなく他の会社へ異動することもあるといわれたのが気がかりでしたが、都内や神奈川への異動ということもあり、それなら大丈夫だと感じました。

学生時代から機械の扱いが得意で、大学の事務の方も推薦してくださり、内定が決まったという流れです。

前職の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:システムエンジニア
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

前職の業務内容

他の会社の社員が利用するシステム管理などが主な仕事で、本社でも異動先でも同じような仕事内容で一日中デスクワークです。

異動してからは出張もたまにあり、システムに異常があった際などはすぐにかけつけ、現場で修正したり、異常がないか点検をしたりしました。

業務時間としては、朝8時から午後5時まで、システムの故障があった場合や、作業が遅れている場合には残業、休日出勤する場合もあり、家に帰ってから作業に追われることもありました。

「まるちゃん」さんの転職のきっかけ

うつ病となり、実家へ戻るという決断をしました。

体を休めることができて、当分の間は良かったのですが、今後どうなるのかという不安や、両親に心配や迷惑をかけてしまっているという気持ちは拭いきれませんでした。

また、大学に進学したばかりの弟が居て、弟が頑張っている様子を見ると、「自分も頑張らなければ」と感じたのがきっかけです。

働かなければと思ったのですが、体が自由に動くわけでもなく、しっかりと休養をとったうえで転職を本格的に考え始めました。

「まるちゃん」さんが転職活動で重要視していたこと

給料や勤務時間は気になりましたし、また病気をぶりかえしては本末転倒だと思い、労働環境のいい転職先を探しました。

ですが、自分がうつ病であることをカミングアウトすると内定がもらえないのではないか、という不安もありました。

自分が転職先に求める条件を考えていたら、どの会社も雇ってくれないのではないかとも思いました。

実家に暮らすだけなら給料が高くなくてもなんとか生活はしていけますし、自分に無理のない範囲で働くことのできる転職先を探しました。

「まるちゃん」さんの転職活動の進め方

まずは正社員でなくてもいいと考え、勤務時間や働きやすさなどに重点を置いて調べました。

リクナビNEXTDODAなどの転職サイトから仕事を探していたのですが、うつ病であることの不安から、本当の大丈夫なのだろうかと不安になることもありました。

最近では、障害者の積極的雇用を行っている会社を見ることもできますが、不安は拭いきれませんでした。

そんなときに転職エージェントのマイナビエージェントに出会い、親身になって話を聞いてくれ、少しずつですが自分の自信を取り戻し、結果的に内定をもらうことができました。

あわせて読みたい

転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動期間:7ヶ月以上
  • 転職先の入社日:2018年3月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

書類審査で落とされることもありましたし、面接の際にうつ病であることをカミングアウトすると、すぐに嫌な顔をされることもありました。

ここでうつ病であることを隠して転職、その後また体調を崩しては本末転倒ですし、うつ病の人の雇用について少しでも考えてくれば、と思い、すべて素直に話すようにしました。

結果を聞いて落ち込むこともたくさんありましたし、辛い思いもしました。

転職活動以外の場所でしっかり休むこと、旅行に行ったりして気分転換することなど、とにかく体調を整えることを意識しました。

「まるちゃん」さんが転職先を選んだ理由

学生時代のアルバイトで接客が得意だったこと、うつ病であることをカミングアウトするとどの会社からも内定をもらえず、眼鏡店だけは採用してくれたことが理由です。

他の会社はうつ病であることを話すだけで嫌な顔をされ、あまり話を聞いてくれませんでしたが、この会社はしっかり話を聞いて受け止めてくれました。

転職後の詳細

  • 業種:小売業
  • 職種:眼鏡店スタッフ
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

眼鏡の販売が主な仕事で、補聴器の販売や、他店への応援なども行っています。

自分よりも高齢の方も多く、ネットに慣れていない方も多いので、前職のことを話すと、お店のTwitterでの情報発信を任されるようになりました。

ちょっとしたネットの不具合や機械の故障の際に声をかけられることも増えました。

仕事の時間は朝8時から夜19時までの営業で、その後閉店作業があり、休日は水曜日のみで、たまにもう一日休みがとれる形です。

「まるちゃん」さんの転職は「ちょっと成功」だった

正直、まだ休む時間が足りなかったのかなと思います。

転職してからも体調を崩すこともあり、辞めたいと思う時もありましたので、もう少し休んでいたら、もっと働けたのではないかと思いました。

ですが、転職先の環境については満足で、転職は成功と言えます。

体調を崩して休む場合も、無理をしないでね、と優しく接してもらえますし、同じような経験をした方もいます。

転職活動中は諦めかけていましたが、自分が理解されること、必要としてもらえることを感じて、少しずつ自信を取り戻すことができています。

「まるちゃん」さんの転職を振り返っての感想

面接するだけでも疲れるのに、そこでうつ病になったことの理由を根掘り葉掘り聞かれ、嫌な思いもたくさんし、辛かったです。

面接が終わったら寝込んでしまう時もありましたが、それでも、いつも心配してくれて、気にかけてくれている家族の存在は大きかったです。

普段通り接してくれて、元気づけてくれる人の存在は大切にしなくてはならない、そんな人たちのためにも自分は頑張りたいと思いました。

結果として荒療治な部分はありましたが、仕事を通して自分に自信が持てるようになり、いい経験でした。

また、うつ病を含め、精神疾患への理解のなさを感じましたので、今後の社会の在り方を考えさせられる経験でした。

「まるちゃん」さんの今後の目標

今後、また転職をしたいと思っています。

実家のある田舎に戻り感じたことですが、やはり田舎での暮らしは素敵だなと感じました。

でも、うつ病などへの理解は進んでいません。

その理解のための活動、NPOなどでの仕事をしたいなと考えていて、自分と同じ経験をした人、引きこもりや不登校、そういった問題に立ち向かっていきたいなと考えています。

前職の経験も活かし、今の仕事で人と接することを学び、力をつけてからまた転職したいです。

「まるちゃん」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

僕と同じように、うつ病で退職、その後転職を考えている人は少なからずいると思います。

思っているより大変なこともありますし、体調がすぐれないときもあります。

まずはしっかり休んでから、無理やり仕事をしようとしなくても大丈夫です。

病気などなく転職を考えている方も、転職活動は体力も気力も必要ですから、休むことも転職活動のうちのひとつです。

うつ病だからといって、それを隠しても今後の仕事に支障をきたしますし、勇気のいることですが、自分のことは素直に話しましょう。







-転職体験談
-, , , , ,

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.