Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

転職体験談

システムエンジニアが多くの人と関わることでもっと強みを活かすため転職した体験談

2019年3月4日

北海道にお住いの30代女性「hanamio」さんの「4回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「hanamio」さんが前職を選んだ理由

新卒で入社した会社で培ったプログラミングスキルを持っていたため、システム構築に関われ、かつマネージャーとしてプロジェクトの指揮をとって遂行していけるような職を探していたところ、前職のポジションに行き着きました。

海外クライアントとのやりとりも少なからずあり、自分の英語力も活かせると思いました。

また規模が大き目の会社であったため、福利厚生が充実していたり、コンプライアンスが遵守されており、働く上での不安が払拭されたので前職に決めました。

前職の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:システムエンジニア
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:マネージャー
  • 雇用形態:正社員

前職の業務内容

上流システムエンジニアとして、要件定義からシステムのアーキテクチャの設計に携わっていました。

週に2,3回、顧客とのミーティングを行い要求やニーズを取りまとめて持ち帰り、それをどのようにシステムに落とし込んで構築していくか、チームメンバーと共にUMLなどを用いて設計していました。

またマネージャーとして後輩の育成も任されており、適切なマイルストン設定とそれをどう達成していくか、月次で個別面談を行いながら綿密にフォローアップしていました。

「hanamio」さんの転職のきっかけ

自分の性格や強みを考えた時に、コミュニケーション能力は人一倍高いと思ったため、仕事を通じてより多くの人に関わり、良い価値を発揮していきたいと考えるようになりました。

そのため、前職での会社内にこもって仕事をするよりも、もっと会社の外に行き、積極的にクライアントと関わることができるような職種や業種を探し始めました。

また、前職の少々コンサバティブな会社の雰囲気が肌に合わなかった、というのも転職を考えたきっかけの一つです。

「hanamio」さんが転職活動で重要視していたこと

まずは転職を考えたきっかけに起因する、「営業」という職種を募集している会社を重要視して探し始めました。

加えて、今までITのバックグラウンドで働いてきたため、自分の経験が活かせるITの業種でも探していました。

次に、前職の会社は財閥系ということもあり、上下関係が厳しく、コンサバティブな雰囲気がありました。

そのため、立場がフラットで自由に発言をできて、あらゆる面においてより自由度の高い雰囲気の会社、ということも重要視して探しました。

「hanamio」さんの転職活動の進め方

リクルートエージェントJACリクルートメントなどの転職エージェントを通して、自分の希望を伝え、あとは先方から幾つか候補を紹介いただく形で面接を受けていきました。

また転職エージェントだけではなく、Wantedlyというウェブベースの転職サイト(転職だけでなくインターン募集も活発、大企業というよりはベンチャー企業の募集要項が多く載っている)もチェックし、興味のある会社にはアポイントメントをとって、時間をとってもらい話を聞きに行かせてもらっていました。

転職活動状況

  • 在職中or退職後:在職中
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:2社
  • 転職活動期間:4ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2018年11月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

工夫したこととしては、自分の強みをより効果的に話すことでした。

自分の強みとしては、「エンジニアとしてシステムのバックグラウンドを持ち合わせながら営業もできる」「海外経験から海外プロジェクトも対応可能」という2つをメインとしました。

面接時はただ語るだけではなく、公開して良い範囲の前職で使用した資料を持ちこんで、視覚的にもわかりやすくアピールできるような、プレゼンテーションを意識しました。

「hanamio」さんが転職先を選んだ理由

前職での完全に会社内にこもって、会社内のメンバーのみとシステムを構築するという仕事よりも、システムの知識も有しながら、もっと会社の表に立って、積極的にクライアントに向き合って案件を獲得していく、営業という職種に興味を持つようになったためです。

前職と給与や福利厚生など同条件で、営業の職種を募集している現職を選びました。

また、現職の会社は元々の事業以外にも幅広い分野でビジネスを行っていて、度々ニュースにも取り上げられており、そのネームバリューの高さにも惹かれました。

転職後の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:営業
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:500万円~600万円未満
  • 役職:マネージャー
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

主に新しくオフィスをオープンさせるクライアント様のIT周りの環境セットアップ(ネットワーク構築、ハードウェア・ソフトウェアセットアップ、電話回線セットアップ、監視カメラなどセキュリティ関連機器セットアップ、携帯電話機器の手配など)を担当しています。

また、業務改善のためのITソリューション(クラウドデータストレージ、クラウドを活用して販売促進ツール、携帯電話子機に導入するセキュリティソフトウェアなど)の営業を行っていました。

「hanamio」さんの転職は「成功」だった

今回の転職活動を「成功」と思う一番の理由は、自分の希望「営業という職種」「ITという業種」「自由な会社の雰囲気」という3点に合致する会社に内定を頂いたことです。

また、自分の強みや自分を雇うことによってのメリットを効果的に伝えることができたからなのか、役職や給与面など待遇も自分の希望を最大限聞いていただけたという感触でした。

個人的に大満足である結果で終えたため、今回の活動は「成功と考えます。

「hanamio」さんの転職を振り返っての感想

転職活動を始めた際は、なかなか先が見えず不安なところもありましたが、一つ一つ、ご紹介頂いた会社をしっかり研究し、面接対策を着実に進めていくことによって、高確率で確かな手応えを感じることができました。

前職の会社ではお世話になったため、転職活動をするのは少しだけ気が引けました。

しかし、自分のよりやってみたい仕事のため、ひいては自己実現のために、一歩前に踏み出してみて、現在はその新しい環境のスタート地点に立っていることを思うと、転職活動をして本当に良かったと思っています。

「hanamio」さんの今後の目標

まずは入社した現職の会社で、マネージャーとしてしっかり責務を果たすことが目標です。

営業としては、実際は職歴は浅いため、まだまだ学ぶことが多いはずで、伸び代も十分にあると考えています。

そのため、自分より先輩の社員はもちろん、営業として長らく勤務してきた後輩のチームメンバーからもたくさん学ばさせていただき、実践していきたいと思っています。

そして将来的には、自分の理想像をもう一度練り直して、それを現職の会社で実現するのか、はたまた新しい会社にて実現するのか、見極めていくと思います。

「hanamio」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

いろいろなしがらみなどあり、転職活動に二の足を踏む方も多いかもしれないですが、迷っている時点でまずは始めて見た方が良いです。

転職活動をする中で、自然と「やっぱりこのままの会社で良いや」もしくは「やはり今とは違う道を歩みたい」などと自分の本当の想いが明確になるはずです。

そして転職するからには、自分にとって明らかにプラスの要素がないと意味がないので、この点もよく深く考え尽くすことが大切かと思います。







-転職体験談
-, , , , , , ,

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.