Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

転職体験談

建築設計が業務負担が大きく残業が多い建築業界から転職した体験談

2020年1月8日

大阪府にお住いの20代男性「まさたに」さんの「1回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「まさたに」さんが前職を選んだ理由

高校時代から建築に興味があり、建築の専門学校に通いました。

そこでインテリア、設計の事について学び、住宅の設計をしたいと志し、在学中に二級建築士の資格を取得しました。

最初から住宅の設計をするのではなく、官庁物件を取り扱ってる会社に入り、大きな建築の設計を経験したいと考え、この会社を選びました。

大きな敷地での設計に慣れておくと、狭い敷地で可能な限り大きな家を設計しなければいけない住宅設計でも、ノウハウを活かし上手に設計できるようになると大先輩に言われたことがキッカケです。

前職の詳細

  • 業種:不動産・建築系
  • 職種:設計
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:2年未満

前職の業務内容

市町村、県庁が相手の建築設計業務です。

私がいた部署は兵庫県エリアを担当しておりました。

志望動機にあった新築設計の物件はほとんどなく、ほとんどが既存の公共住宅や、公共の建物の改修設計でした。

高度成長期に建てられた建築物も改修の時期に差し掛かっていたので、天井改修、屋上防水のやりかえなども設計しておりました。

設計にかかる前の現地調査という作業も多くあり、現地に足を運び、実際の損傷箇所や細かい寸法などを計測しに行くこともありました。

「まさたに」さんの転職のきっかけ

前職では学生時代についた志しを胸に建築の世界に入りましたが、官庁物件をメインに行なっている会社ということもあり、物件の単価が安く、図面やその他一式の納期がかなり短いです。

更に部署ごとで独立した形式の会社だったため、一人一人の負担が多く、残業がものすごく多かったです。

休日出勤もしばしばあり、自分の時間が全く作れていないという不満から転職を決めました。

建築業界はどこの会社も残業や徹夜は当たり前という先輩もいましたが、私には理解できませんでした。

「まさたに」さんが転職活動で重要視していたこと

1番重要視していたのは、自分の時間がしっかりと作れる会社ということです。

毎日の通勤ラッシュから逃れることも一つ理由としてありました。

前職では満足する休日、給料もなかったため、ボーナスがきちんと出る会社に勤めたいという思いも探す条件として考えていました。

通勤ラッシュから逃れるというところから、自転車かバイクで通勤できる範囲での就職を考えながら就職先を探していました。

前職では社員旅行制度も無かったので、そういう類のものがあるところも一つ条件としてありました。

「まさたに」さんの転職活動の進め方

ハローワーク、リクナビNEXTなどの転職サイトやマイナビエージェントなどの転職エージェントへ登録して転職活動をしました。

他にも自転車かバイクでの通勤を望んでいたので、地元での就職の可能性も考えて、友人や知人に紹介してもらうために動いていたこともあります。

前職での上司の態度、職場の雰囲気を考えると軽いうつ状態になっていた自分は応募できず、エージェントさんにはかなり迷惑をかけてしまいました。

自分に合った就職先の候補をたくさんあげてもらえた事にはすごく感謝しています。

転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2018年11月頃
  • 転職活動期間:2ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年1月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

転職活動をする中で苦労したことは、前職からの軽いうつ状態が邪魔になったことです。

上司への恐怖心と、職場の雰囲気を想像してしまうと応募に踏み切ることのできない自分がいました。

その状態から抜け出すためにエージェントさんへの相談、ハローワークへの相談、友人への相談で心をケアしていったことが工夫した点になるかもしれません。

結果的に友人への相談が転職へのきっかけになったので、不満等が全部ない会社に就職することができました。

「まさたに」さんが転職先を選んだ理由

給料の安定性や、職場の近さがメインで、他にもボーナス制度がしっかりしていて、残業代も必ず出ます。

基本的に残業は無いので定時で上がれることも魅力的でした。

年に二回ある社員旅行も楽しみの一つで、毎年海外と国内旅行に行くようです。

前職で使用していたCADの使用やOfficeソフトの使用も活かせるというところも選んだ理由にあります。

CADを使うことから図面をよく見ることがあるのですが、図面を見る事に慣れていたのでその能力も活かせると思い、選びました。

転職後の詳細

  • 業種:不動産・建築系
  • 職種:建築材料制作
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

基本的にはCADでのデータ作成から入り、ロボットへ転送して細かくロボットに動きをティーチングします。

作業台に置いた母材をティーチングした動きに合わせて切断したりします。

加工が終わった部材をグラインダーにより仕上げしたり、ショット加工も行います。

ロボットデータを作る際に、エクセル、CAD、3DCADを使用したりするので、前職で身につけた能力を活かすことが出来ていて満足しています。

他には海外からの研修生への指導なども業務のひとつです。

「まさたに」さんの転職は「成功」だった

通勤ラッシュから逃れるということから、地元での就職に成功しました。

それも友人への相談のおかげでいい会社を紹介してもらえたからです。

今は快適にバイクで通勤しており、自分からしたら大成功です。

あとはほとんどが定時上がりできていますが、残業したとしても必ず残業代が付きますし、おまけに社員旅行まである会社です。

作業服を着ていてもかなり汚れてしまう職なので、失敗といえば少し汚いところだということですしょうか。

「まさたに」さんの転職を振り返っての感想

社会人は就職して三年間は同じ場所で働かないといけないという固定概念があったので、それを引きずっての転職活動でした。

ですがやってみれば転職することが普通な時代になっているのかと安心できるくらい募集している会社が多くて驚きました。

今後転職する予定はありませんが、もしする事になったとしても変な固定概念は捨てて思い切って動けるような気がします。

ハローワークや転職サイトへの登録は面倒ですが、自分の可能性を広げてくれるのでいい事だと思いました。

「まさたに」さんの今後の目標

今後は自分のスキルアップの為に、工場で使用できる資格を取り、今よりももっと給料を上げて、技術を身につけようと思います。

今勤めている会社は一家経営なので、もしものことがあったとしても自分の技術、資格を利用して、更に上の就職ができるように自分の強みを増やしていこうと思います。

今はまだ前職とあまり変わらない給料ですが、自分の時間がかなり増えたので、やりたいことも全て挑戦して、有効な時間の使い方を考えたいと思います。

「まさたに」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

自分は何もできないと決めつけて今のままでいいやと諦めてしまうのは良くないです。

また、私と同じように就職したら三年間は同じ会社に勤めないといけないと変な固定概念をお持ちの方も、すぐに捨てて行動してみてください。

転職サイトや転職エージェントの方に素直に自分のやりたいこと、求めてることを伝えれば必ず多くの道が出てきます。私は多すぎて迷うくらいでした。

今の現状に不満があるなら思い切って一歩踏み出してください!







TwitterやYouTubeチャンネルもやっていますので、是非、お気軽に「Twitterのフォロー」や「YouTubeのチャンネル登録」をしてもらえると嬉しいです。

-転職体験談
-, , , , , , ,

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.