Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

転職体験談

システムエンジニアが新卒1年目で残業が増えだし残業したくないから転職した体験談

2019年10月18日

埼玉県にお住いの20代男性「コウタ」さんの「1回目の転職」で「成功」だった転職体験談のご紹介です。

「コウタ」さんが前職を選んだ理由

デスクワーク業務を行いたいと思っていた私は、初めは高校大学と専攻していた会計に関する道を選びたかったが、なかなか良い案件を見つけることができず、デスクワークつながりでITを見かけました。

ITの世界は未経験歓迎ということもあり、だれでも目指せる世界ながらデスクワークという私にとっては良い条件で働けると思いました。

自分自身で物を作るということにも興味があり、エンジニアとして働けばそれが実現できるというビジョンも見え、会計と並び就活で目指すべき業界として考えたことがきっかけです。

前職の詳細

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:システムエンジニア
  • 従業員規模:11~100名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:2年未満

前職の業務内容

業務工程としては上から要件定義、詳細設計、開発、テスト、保守と流れます。

私含め新人が主に担当するのは開発またはテストのフェーズです。

開発というのはソースコードを用いて、詳細設計段階までで決めた仕様書通りに動くシステムを作り上げる仕事になります。

そしてテストが開発で作成した成果物が仕様書通りに作成されており、正しい挙動をするかというのを判断する段階です。

私はこの開発とテストをおおむね半々くらい担当していました。

「コウタ」さんの転職のきっかけ

残業時間が増えだしたからです。

仕事そのものはまったく楽しくないと感じていたものの一社目だったこともあり、すぐにやめていいのかという考えがありました。

仕事をしていればだんだんと楽しいと思える様になってくるといわれたりしていたこともあり、続けていれば楽しい思えるようになるのかという期待を持っていました。

ところが1年たってもまったく楽しいと思える様にはならず、楽しくないのに残業まで発生しました。

残業もしたくないと思っていたため転職を決意しました。

「コウタ」さんが転職活動で重要視していたこと

まず仕事が楽しいと思えること。

趣味じゃないんだからという人はいますが、これから社会人生活は長いわけなので、大卒時点から40~50年近くあることになります。

そんな長い間つまらないと思いながら仕事をするのは苦痛以外の何物でもなく、少しでも楽しいと思えることを仕事にするのが当然いいと思いました。

そのため仕事を楽しめることは絶対条件で、残業が少ないことを重要視していました。

仕事後に趣味があったので残業をしているとそれができなくなります。

趣味を辞めてまで仕事はしたくなかったので残業のない仕事を選びました。

「コウタ」さんの転職活動の進め方

ワークポートマイナビエージェントなどの転職エージェントとハローワークを併用していました。

転職エージェントは私の出した条件に合致する会社を見繕ってくれますし、面談の日取りの設定や面接練習などサポート体制が整っていました。

これは通常の転職サイトだとあまり得られないサポートであり、転職エージェントを利用する大きなメリットでした。

そしてハローワークは地元の企業が多かったからです。

片道二時間かけて仕事はしたくなかったので、可能ならば近場が良かったのでハローワークの案件も非常に良かったと思います。

転職活動状況

  • 在職中or退職後:退職後
  • 応募社数:10社未満
  • 内定社数:1社
  • 転職活動開始:2018年11月頃
  • 転職活動期間:1ヶ月以内
  • 転職先の入社日:2019年1月頃

転職活動の苦労や工夫したこと

苦労したのは何といっても1カ月休んでしまったことです。

晴れて仕事を辞めることができ幸せな時間を過ごしていました。

元々1カ月はのんびりしてその後に就活と思っていたのですが、1カ月も社会人になってから休むことなんてありえません。

そのため休みすぎたことによって中々再就職するための動き出しをする気が起きなかったのです。

何とか重い腰を動かしてエージェントへの連絡やハローワークへ行くことには成功しましたが、一度長く休んでしまうと後々辛いなと思いました。

「コウタ」さんが転職先を選んだ理由

一度ITの世界に入ったものの、仕事そのものが楽しいと思えず学生時代に学んでいた会計の道に行きたいと思ったため。

前職では仕事が楽しくない、距離が遠い、残業が多いといったところが私は嫌で、そこを何とか改善したいと思っていました。

新しい会社は残業は基本的になく、距離も以前は片道二時間ほどかかっていたが片道20分に短縮することができ、仕事も学生時代に楽しいと思って学んでいた内容なので非常に楽しんで仕事ができそうだと思ったからです。

転職後の詳細

  • 業種:専門コンサル系
  • 職種:事務
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員

転職後の業務内容

基本的には帳簿整理を行っています。

会計事務所なので、お客様が毎月整理したあ書類を持ってきます。

その書類をこちらで把握してデータとして登録していき、間違いがあれば修正して報告するのが仕事です。

そして決算という年に一度のその会社の利益を判断し、税金などを算定する仕事や年末調整、確定申告といった年に一度の業務も行います。

お客様が何か疑問を持った際には来所頂くかお電話で解決することも仕事の一環となっています。

「コウタ」さんの転職は「成功」だった

私が重視していたのは仕事が楽しいと思えること、残業が少ないこと、そして家からの距離が近いことです。

仕事は学生時代に7年間好きでやっていたことが仕事にできたわけですから、前職と比較した場合、比べ物にならないくらい楽しいです。

そして残業も月に10時間ないくらいなのでほぼ毎日定時で上がることができています。

そして今は家からで計算しても片道20分ほどになっており、前職に比べかなり短くすることができたので満足しています。

「コウタ」さんの転職を振り返っての感想

転職するか迷うくらいならばまずはエージェントに相談してみるといいと思います。

私のように辞めることを決断していた場合は別ですが、悩む段階ならば仕事しながらエージェントに相談するとよいいです。

転職するときに自分の市場価値や悩んでいることを話せばきちんと答えてもらえます。

総合的に判断して辞めたほうがいいのかというところまできちんと考えてもらい、第三者視点から考えてもらえるので自分一人で悩むことがありません。

辞めるのは給料がなくなるリスクがありますので、可能ならやめる時に次の会社を見つけてからのほうがいいなと感じました。

「コウタ」さんの今後の目標

今の仕事をずっと続けていくことです。

好きな仕事を自分の仕事にできたので後悔の内容にこれからも働いていきたいと思っています。

仕事をしながらでも税理士の試験であれば科目合格を続けていけば税理士資格は可能だと思っていますし、仕事の知識もどんどん増やせると思っています。

まだ入社してそんなに時間は起っていないので、会社の戦力に慣れているかはわかりませんが、採用してよかったと思ってもらえるような働きを今後したいと思っています。

「コウタ」さんから転職活動中の方への一言アドバイス

転職は基本良いことが多いです。

結局してもしなくても今いる自分の会社は世間一般から見た時にいいのか悪いのかということが判断できるからです。

ただ転職することに迷っている時点で自分の中ではその会社に何らかの形で不満を持っていることには間違いないですよね。

不満を抱えながらする仕事はあまりいいとは思っていないです。

不満があるくらいならば不満のない会社へ転職したほうがいいと思っています。

後悔のない転職ができることを願っています。







-転職体験談
-, , , , , ,

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.