Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

転職サイトの一覧

キャリアカーバー特徴と評判は?口コミで分かる転職サイトのメリット・デメリット

2018年11月13日

キャリアカーバー(CAREER CARVER)は600万以上のハイクラス専門のヘッドハンティング型の転職サイトで、「求人案件の質が高い」や「求人数が多い」という良い評判が圧倒的に多いです。

しかし、一部では「案件紹介が少ない」や「スカウトがこない」、「転職に時間がかかる」など悪い評判も見受けられます。

今回はキャリアカーバー(CAREER CARVER)の口コミをはじめ、特徴や評判、転職サイトのメリット・デメリットを紹介します。

キャリアカーバーとは

キャリアカーバーとは、株式会社リクルートホールディングスが運営するヘッドハンティング型のハイキャリア向け転職サイトです。

「エグゼクティブポジションの方の転職をお手伝いします」というキャッチコピーの通り、年収800万以上の求人が多く取り扱っています。

登録後はリクルートキャリアが提携するヘッドハンターからのスカウトを待ち、自分に合うヘッドハンターを選んで、転職活動の支援を受けることができます。

【公式サイト】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーの3つの特徴

リクルートエージェントやリクナビ同様、求人大手のリクルートが運営しているキャリアカーバーですが、その実態はこれら転職サイトや転職エージェントと大きく異なり、3つの特徴があります。

3つの特徴

  • コンサルタントの逆指名制
  • ハイクラス案件にも関わらず案件紹介が豊富
  • 4000件以上のハイキャリア案件データベースを活用

コンサルタントの逆指名制

一般的な転職エージェントは転職希望者の特性やニーズに応じて自動的にキャリアコンサルタントが割り振られたり、そもそも複数のキャリアコンサルタントで対応するため特定の割り振りがなかったりします。

しかし、キャリアカーバーは転職希望者側がキャリアコンサルタントの実績や特性を元に指名することができるため、ミスマッチやキャリアコンサルタントのスキル不足でつかいものにならなかったということを避けられます。

また、ヘッドハンターの自己PRや業界経験にくわえ、経歴や実績などプロフィールを確認することができます。

ハイクラス案件にも関わらず案件紹介が豊富

上記の仕組みによりコンサルタントは転職実績の積み上げが必須となることから、積極的に案件紹介をしてきます。

「それだと質の悪い案件を紹介されるのでは?」と心配になるかもしれませんが大丈夫です。

キャリアカーバーはハイクラス・エグゼクティブを対象とした転職サイトで求人案件のレベルが非常に高いため、キャリアコンサルタントが送ってくるハイクラス求人案件から、転職希望者は応募先を選り好みできます。

4000件以上のハイキャリア案件データベースを活用

これは、紹介をうける場合も、自らサイトを検索して応募する場合にもいえますが、リクルートの強いネットワークをいかし、豊富なハイクラス案件がデータベース化されています。

求人数が多いだけでなく、求人情報検索欄から自分で検索することもできるため、自分にマッチしたハイクラス案件を見つけやすくなります。

【公式サイト】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーの口コミと評判

キャリアカーバーはハイクラス求人に特化した転職サイトのため、転職希望者のニーズやスキルレベルにより向き不向きがはっきり出ます。

そのため合う人にとっては評判は良いといえますが、合わない人からは一部ネガティブな意見も見られますので、参考までに両面を紹介します。

口コミでポジティブな評判

キャリアカーバーはやはり求人案件の質の高さ、量の多さについてポジティブな評価が多く寄せられています。

本来案件数が限られるはずのハイクラス求人ですが、キャリアカーバーでは、リクルートのネットワークを最大限活用して質も量もとても高水準に維持されています。

また、コンサルタントの案件紹介が積極的なため、待っていても自然とよい案件に会える点も好評です。

ハイクラス求人を目指す転職希望者は、現職でも相応に活躍し、忙しいという方も多いので、この点はスムーズに転職活動を進める上で助かると評判です。

口コミでネガティブな評判

一方でネガティブな評判は、そもそも現職の経験値やスキルレベル、年収水準のミスマッチが原因で、「案件紹介が少ない、スカウトがこない」と言う意見が多くみられます。

それだけキャリアカーバーはミドル~ハイクラスの案件に特化した転職サイトといえますが、逆にハイクラス層からは、「検討~応募」に時間がかかるとの評価も聞かれます。

コンサルタントより多くの求人紹介が五月雨式に行われるので、そこからの応募先の絞りこみに時間がかかる方もいるようです。

【公式サイト】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーを利用するメリット

続いては、キャリアカーバーが強みをもとに、利用するメリットは大きく3つあります。

メリット

  • メリット1:ミドル~ハイクラス人材に強み
  • メリット2:管理職やエキスパート職に強み
  • メリット3:業界の強弱は小さいがコンサルファームは得意

メリット1:ミドル~ハイクラス人材に強みがある

キャリアカーバーの特色としてはまず、業界よりも「ミドル、ハイクラス人材」に強いことがあげられます。

敢えてミドルとつけているのは、同じハイクラス専門の転職サイトであるビズリーチなどと比較するとやや中領域の年収ゾーンも得意としているからです。

大体、年収で言うと800万円以上が得意領域で、600万円以上であればある程度紹介をうける余地があります。(参考までにビズリーチの得意領域は1000万円以上です。)

メリット2:管理職やエキスパート職に強みがる

まず管理職の案件が非常に豊富であることがキャリアカーバーの特徴です。

管理職の職種の幅は広く、財務・法務・経理・人事などのバックオフィス系にくわえ、営業や経営企画や事業企画など経営に近いポジションも多数存在します。

管理職へのキャリアアップを検討している方にはおすすめといえます。

メリット3:業界の強弱は小さいがコンサルファームは得意

大手のリクルート運営のエージェントとあって業界の強い、弱いは比較的小さく、押し並べてハイクラス案件をまんべんなく扱っています。

強いて選べばコンサルファームの案件は比較的豊富にかかえている傾向にあります。

【公式サイト】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーを利用するデメリット

次に、キャリアカーバーを利用する上でのデメリットが大きく2点あります。

デメリット

  • デメリット1:年収が低いと転職できない
  • デメリット2:内定獲得までは時間がかかる
  • デメリット3:非公開求人が多くコンサルタントの紹介待ちになりがち

デメリット1:年収が低いと転職できない

キャリアカーバーはハイクラス・エグゼクティブを対象とした転職サイトです。

公式サイトにも「年収800万~2,000万円:ハイクラス転職もリクルートにお任せください。」とありますが、希望年収が最低でも「600万円」からしか選択できないようになっています。

そのため、500万円以下の求人はほとんどなく、現在の年収が600万円以上でないとヘッドハンターや企業からのスカウトをもらえなかったり、ヘッドハンターから求人を紹介してもらえない可能性があります。

デメリット2:内定獲得までは時間がかかる

ハイクラス案件である以上応募先は難関ばかりなので、当然ですが簡単に内定に至るものではありません。

また、多数の案件を紹介されたり、検索できたりするので、応募先の絞り込みに時間を要する場合もあります。

キャリアカーバーを利用した転職は持久戦を覚悟する必要があります。

デメリット3:非公開求人が多くコンサルタントの紹介待ちになりがち

キャリアカーバーでは一応転職案件を検索することも可能ですが、ハイクラス案件揃いということもあり、魅力的な案件は非公開化されています。

従ってコンサルタントの案件紹介をまたなければ転職活動を進められないケースが多いため、時間もかかりますが「やや受け身」の転職活動となる点も注意です。

【公式サイト】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーの利用がおすすめな人

さて、ここまで挙げてきたキャリアカーバーの特徴をもとに、利用をおすすめするタイプの人を紹介します。

おすすめな人

  • ミドル~ハイクラス人材
  • 転職活動に時間をかけてキャリアアップをしたい人
  • 優秀なヘッドハンターと相談しながら転職活動したい人

ミドル~ハイクラス人材

まず挙げられるのは現時点でミドル〜ハイクラスに属する希望者の転職で、敢えてミドルと付しておりますが、概ね年収600万円以上の人材から案件が増えてくるイメージです。

現在はハイクラス向けの転職サイトや転職エージェントは増えてきていますが、逆にこのミドル層は「他のハイクラス専門エージェントでも、一般的なエージェントでも紹介が少ない」となりやすいゾーンですが、キャリアカーバーがしっかりとカバーしています。

ハイクラス人材はもちろんですが、このミドルゾーンの人材について、キャリアカーバーはおすすめです。

転職活動に時間をかけてキャリアアップをしたい人

キャリアカーバーは待っていてもたくさんの求人紹介があり、じっくり吟味できる一方、紹介~応募~内定にはやや時間がかかる傾向にあります。

キャリアアップのために転職活動にしっかり時間をかけて良案件で転職したいという転職希望者にマッチしていると言えます。

優秀なヘッドハンターと相談しながら転職活動したい人

キャリアカーバーは優秀なキャリアコンサルタントが多数存在しています。

優秀なヘッドハンターほど良質な案件を複数取り扱っている場合が多いため、コネクションを作るという意味でもキャリアカーバーを利用はおすすめです。

【公式サイト】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーの登録方法

キャリアカーバーは登録方法ですが、登録は比較的簡単に行えますが、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けるためには、職務経歴など詳細情報も入力していく必要があります。

まずは公式HPのトップぺージから仮登録を行いますが、会員登録(無料)をクリックして、アドレスとパスワードを入力して、規約を一読したうえで、「上記に同意して登録する」をクリックします。

仮登録で登録したメールアドレス宛に本登録へのご案内についてのメールが届きますので、これをクリックすることで本登録を進められます。

本登録は三つの画面に分かれていて、一つ目の画面は基本的な情報(氏名、年齢、性別など)、二つ目の画面は学歴や英語レベル、三つ目の画面は現職の状況(企業や部署、在籍期間、職務内容)を入力すれば登録完了です。

【公式サイト】https://careercarver.jp/

まとめ

キャリアカーバーはハイクラス向けの転職サイトの中でも積極的な求人案件紹介が行われることが特徴の転職サイトです。

案件が限定されがちなハイクラス層の求人にもかかわらず豊富に紹介を受けられるという特徴は心強いです。

逆に案件が多すぎて迷ってしまう場合もありますが、まずは、幅広い紹介案件を確認してから、自分の目指す仕事を絞り込んでいくのも手です。







TwitterやYouTubeチャンネルもやっていますので、是非、お気軽に「Twitterのフォロー」や「YouTubeのチャンネル登録」をしてもらえると嬉しいです。

-転職サイトの一覧

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.