Issy9174 official web site

音楽活動(ギター・DTMなど)を中心に情報を発信しています。

転職サイトの一覧

転機の3つの特徴!評判など転職サイトを徹底解説

2018年11月21日

転機は中規模の転職サイトで、扱う案件数はそこまで多いとは言えませんが、幹部クラスに特化した転職サイトです。

特にシニア層になってくると扱いの多い転職サイトは限定的になってきますので、転機のサポートはとても貴重なものになります。

今回はそんな転機の特徴と評判をまとめました。

転機とは

「転機」とは、株式会社レイサスが運営する、経営者との「直接面談」を実現する、というコンセプトをもとに展開しているハイクラス人材向け転職サイトです。

大手の転職サイトと比較すると求人数は少ないですが、大手の転職サイトでは取り扱わないような求人が多く、全ての求人が独自案件であるというところが魅力です。

【公式サイト】https://ten-ki.jp/

転機の3つの特徴

まずは、転機の特徴を3つのポイントから説明します。

経営者と直接面談が可能

転機では企業側が了承する場合、全ての案件が経営者と直接面談を行うことが可能です。

経営者をみて転職を決めたいという場合や、経営者に近い幹部としての転職を想定している場合に、この経営者との面談ができるというのはとても役に立つシステムです。

転機は次に紹介するように上級管理職~経営者クラスの案件が多いので、経営者と面談ができるシステムは転職先を検討したり、また自身の能力をアピールするうえでとても助力になります。

幹部候補含むハイクラス案件がほとんど

転機で扱う求人はほとんどが年収800万円以上のハイクラス案件、そのなかでも幹部候補、役員職のエグゼクティブ案件がおおいです。

その時々の保有案件状況にもよりますが、80〜90%くらいは800万円以上の案件のようです。

なかには経営者の求人案件もありますので、実際には1000万円~数千万円の案件も揃えております。

シニア向け独自案件多数

転機の転職案件はほとんどが他の転職サイトにはない独自案件です。

また、年齢層は30〜50代と高めの年齢層の案件を多く扱っているのも特徴です。

特に40代を超えてくると、大手の総合転職サイトや転職エージェントなどですと案件は少ないので、このあたりは当該年代の方には心強いです。

【公式サイト】https://ten-ki.jp/

転機が強い業種・職種

続いては、転機が強みとしている領域を説明します。

転機は業種というより、職階や年齢層により強みを発揮する領域があります。

年齢層では40代が強い

まず、年齢層としては30代〜50代という高めの年齢層がターゲットですが、「転機が特に強い、他社では扱いが少ない」という意味では、特に40代の転職にもっとも強いと言えます。

というのも転機の転職案件は40代が対象となっている案件が最も多い傾向にあるからです。

部長〜社長の案件に強い

職階としては、上級管理職以上のところが得意な領域です。

案件数としては部長職が多いですが、そもそものポジションの貴重さや「他では扱いが少ない」という意味では社長や役員クラスについても転機の強みが大いに発揮されます。

特に社長の求人案件などは総合型の転職サイトではなかなか出てきませんので、こうした案件に対しては、転機は独自性・強みを発揮します。

【公式サイト】https://ten-ki.jp/

転機の評判

転機は特に幹部以上の転職を検討している人には好評ですが、一方で中規模の転職サイトであることもあり、案件数に対するネガティブな評判も見られました。

ポジティブな評判

社長や役員クラスを目指す転職希望者にとって「経営者と直接面談ができる」というシステムについては、スムーズな幹部転職ができたと非常に好評です。

また、幹部〜社長の転職案件はそもそも他社では取り扱いが多いとは言えないので、こうした層の独自案件を多く扱う点はそもそも「転機を使わないと転職活動が進まない」という評判すらあります。

また、管理職や経営幹部の案件を扱っていることもあり、年収が高い案件が多い点は好評です。

ネガティブな評判

ネガティブな評判があるとすれば、数多くの案件から転職を検討したいと考えている人からは「案件数が絶対的に少ない」という評判が聞かれました。

もともと転職市場で取り扱いが少ない層をターゲットとしていますし、やはり大手と比較すると絶対的な取り扱い数は少ないので、この点は致し方ないところではあります。

また、管理職~幹部、経営者の案件がほとんどなので、「敷居が高い」という意見もあります。

【公式サイト】https://ten-ki.jp/

転機の利用がおすすめな人

さて、ここまで挙げてきた転機の特徴をもとに転機の利用をおすすめするタイプの人を紹介します。

30代の経営幹部志望

まずはベンチャーなどの若手の経営幹部を目指す方にはぜひ転機はおすすめです。

転機はベンチャーなどの取り扱い求人もおおく、実力があれば30代でも幹部で雇う企業も多く存在します。

若くして経営者に近いポジションを目指すという方はぜひ転機の利用がおすすめです。

40代の管理職〜経営幹部転職希望者

また、40代はそもそも他社ですとかなり取り扱い案件が少なくなってきますが、転機では40代の案件がむしろ一番多いです。

40代にしていわゆる上級の管理職や経営幹部への転職を目指している方は転機の利用により、よりスムーズに転職案件がきまるかもしれません。

30代でベンチャーなどの役員や幹部を目指す人

ここまで他社の案件の希少さや転機自身が得意としていることから、40代に向いている点を書いておりましたが、一方で30代でも中小企業やベンチャーなどの役員・経営幹部をめざすにはおすすめです。

というのも、このような求人も総合型転職サイトではなかなか見つかりませんが、転機ではこうした30代の役員・幹部の求人も多く保有しています。

【公式サイト】https://ten-ki.jp/

転機の登録方法

転機については、会員登録は比較的シンプルです。

どちらかというと自ら応募や立候補していくスタイルですので、登録時点であまり詳細な転職希望内容や条件などを書く必要がないのです。

まずはトップページ最上部の「会員登録をする」をクリックします。

基本情報の入力

転機では1ページの情報を全て入力した完了です。

入力後下段の「無料登録」のボタンをクリックすると記入したアドレスにメールが届きますので、それを持って完了となります。

基本情報では名前、メールアドレス、居住地域などごく一般的なもの、そのほかは現職の会社名や仕事内容・現在の年収などを記入していきます。

全て記入したら、会員規約を一読して、クリックすれば完了です。

マイページに入れば転機自らヘッドハンティングされたい業種や希望内容を選択・登録したり、社長に直接面談できるようになったりといった独自のシステムがあります。

登録時点では転職希望内容は特に記入しないので、会員登録後にこうしたツールをうまく活用して、幹部との面談を行うことで、管理職~経営者のハイクラス転職がスムーズに実現します。

【公式サイト】https://ten-ki.jp/

転機を利用する際の注意点

次に、転機を利用する上での注意点をいくつかまとめておきます。

若手の案件が少ない

まず気を付けたいのは、若手の案件が圧倒的に少ないです。

そもそも取り扱い求人の絶対数として多くないですし、その求人もほとんどが30代以上向けです。

20代の転職案件は、起業経験者など特殊な経歴を持っていなければ見つかりにくいと言えます。

そもそも管理職~経営者向けの転職サイトですので、20代が利用するのは留意が必要です。

専門職やプロフェッショナル職も少ない

また、シニア層で同じハイクラス求人でも、いわゆる専門職やプロフェッショナル職の取り扱いは多いとは言えません。

転機はどちらかというと「管理職」や「幹部」や「経営者」の求人を主領域としていますので、このあたりも注意が必要です。

専門職・プロフェッショナル職を目指す場合は、適宜それらの専門転職サイトや転職エージェントを併用することも一考です。

【公式サイト】https://ten-ki.jp/

まとめ

このように転機は、幹部と直接面談ができる、管理職や幹部・経営者志望に特化した転職サイトです。

その分、若手には敷居の高い転職サイトではありますが、もし中堅以上で、管理職や幹部としてキャリアアップしたい場合は、是非利用してみるのがおすすめです。







TwitterやYouTubeチャンネルもやっていますので、是非、お気軽に「Twitterのフォロー」や「YouTubeのチャンネル登録」をしてもらえると嬉しいです。

-転職サイトの一覧

Copyright© Issy9174 official web site , 2020 All Rights Reserved.