DTM講座~音楽制作環境構築に重要な5つのツールと機材~

はじめに

近年の音楽制作はDTMが主流で、
安価で良質な機材や信頼性の高いプラグイン・エフェクターが増えたことで、
比較的お手軽にDAW内部完結で環境を作ることができるようになりました。

しかし、DTMで出来ることはたくさんありますが、
(作詞・作曲・編曲・ミックス・マスタリングetc・・・)
何から揃えて良いかわからない人も多いのではないでしょうか?

私の場合はたくさんの方にご協力を頂いて、
お宅に訪問して色んなテクニックを学んだり、教本や独学で構築していった部分も多いですが、
少しでもご参考にして頂ければと思います。

失敗しないためのDTMによる音楽制作環境構築

今回は『DTMによる音楽制作環境構築に重要な5つのツールと機材』をご紹介していきたいと思います。

1・PC(Windows, Mac)
2・DAW(Pro Tools、Cubase、Sonar、Logicなど)
3・各種エフェクト・プラグイン(VST、AUなど)
4・オーディオ・インターフェイス(ASIO, Core Audio対応機種)
5・モニタリング環境(スピーカー・ヘッドフォン)

PC(Windows, Mac)

imgres
パソコンのOSはWindowsとMacという、2種類のOSがあります。
Windowsを選ぶかMacを選ぶかで、操作性や使えるDAWソフトが違ってきます。
逆を言えば、どのDAWソフトを使いたいかを先に決めてからパソコンを選ぶのも一つの手だと思います。

デスクトップパソコンなのか、ノートパソコンなのかは、どちらでも構いませんが、
性能の良いDAWソフトを使う場合は性能の良いパソコンでないと正常に動作しません。
ノートパソコンでは性能に限界があるので、デスクトップの方がお薦めです。

DAW(Pro Tools、Cubase、Sonar、Logicなど

stacks_image_121
昔はPro Toolsが定番でしたが、現在のDAWの種類も増えました。
どれもが基本的なこと(オーディオ編集やプラグイン、MIDIの打ち込みetc・・・)はできます。
それぞれ特徴がありますが、最初は気にしないで自分の使いやすいインターフェイスのものを選ぶのがお薦めです。

各種エフェクト・プラグイン(VST、AUなど)

Mastering_Plug-in_02
DAW標準のエフェクトは、扱いやすいものも多いですが、
より品質を求めるならフリーのものやサードパーティ製のプラグインを使用したいところです。
基本的にそれぞれのDAWに対応したプラグインを使用しますが、
絶対数が圧倒的にVSTが多く、またフリーでも高性能なものが多くあります。

オーディオ・インターフェイス(ASIO, Core Audio対応機種)

fireface_uc_2b-594x288
音の入口でもあるオーディオ・インターフェイス(Audio I/F)は、DTM全体でも重要な要素です。
コンピュータとの接続形式には下記のものがあります

・USB
・FireWire(IEEE1394)
・PCI(PCI Express)

一番のUSBが安価で設置も容易、種類も豊富です。
ASIOやCoreAudioなどのオーディオドライバに対応しているのが最低条件。
スピーカー・ヘッドフォン接続のため、端子の数や形式は確認が必須です。

モニタリング環境(スピーカー・ヘッドフォン)

2Q==
音楽制作においては、モニタリング環境は重要になります。
モニター用に作られたスピーカー・ヘッドフォン、イヤホンなどは周波数特性がフラットで、味付けがすくない音に設計されています。
基本的にスピーカーを使いますが、小さい音も拾いやすいヘッドフォンは、主に細かいサウンドチェックに使用します。

おわりに

今回は簡単になりましたが、
音楽制作環境構築に重要な5つのツールと機材をご紹介しました。

それぞれの項目についても詳しく解説していきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
CI project official web site
http://ciproject.net/
Twitter
http://twitter.com/#!/Issy9174
YouTube
http://www.youtube.com/user/issy9174
ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/mylist/30746399
SoundCloud
https://soundcloud.com/issy9174

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*